操作

G7

G7(ジーセブン)

英語: Group of Seven の略で、フランスアメリカイギリスドイツ日本イタリアカナダの7つの先進国のこと.

概要

イタリアとカナダが加わる以前は、仏・米・英・西独・日の5か国が参加するG5(ジーファイブ)と呼ばれていた。1975年にイタリアが参加し第1回先進国首脳会議が開催されG6(ジーシックス)となる。その後1976年にカナダが加わり第2回先進国首脳会議が開催されG7となった。カナダ以外の6か国は20世紀前半までの帝国主義時代における列強にあたる。

その後G7と欧州連合によりサミットが開かれていたが、これにロシアが参加するようになり、1998年よりG8(ジーエイト)となった(現在、ロシアの資格停止によりG7に戻っている[1])。

上述の通り、ロシアの参加によって首脳会議や閣僚会合はG8という枠組みへと移行したが、先進7か国財務大臣・中央銀行総裁会議に関してはG7の枠組みで活動しているため、単にG7というとこちらを指すことが増えていた。 しかしその後、2014年にロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入によってロシアの参加資格が停止されたため、首脳や各大臣による会合は全てG7の枠組みへと戻り現在に至る。

脚注

関連項目

外部リンク