actions

Agoop


株式会社Agoop(アグープ)は、位置情報ビッグデータ事業を行う、ソフトバンクが100%出資するグループ会社である。事業内容は主に、位置情報を専門としたビッグデータの収集・解析・生成、位置情報を活用したスマートフォンアプリケーションの開発を実施している。社名は AnyGIS of Object-Oriented Planner のアクロニムである[1]


沿革

  • 2009年(平成21年) - GIS関連事業をメインとしたソフトバンクの社内ベンチャー企業として設立
  • 2009年(平成21年) - 「流動性人口推定データ」の販売を開始
  • 2010年(平成22年) - 初の位置情報アプリ「あぐらいふ」をリリース
  • 2011年(平成23年) - スマートフォンの位置情報を活用したビッグデータ事業を開始
  • 2012年(平成24年) - ビッグデータをソフトバンクモバイルのネットワーク改善解析に活用
  • 2013年(平成25年) - 東京都港区東新橋に本社を移転
  • 2013年(平成25年) - 柴山和久が代表取締役兼CEOに就任
  • 2014年(平成26年) - スマートフォンの位置情報を活用した「流動人口データ」の提供を開始
  • 2015年(平成27年) - ビッグデータをスプリントのネットワーク改善解析に活用
  • 2017年(平成29年) - プライバシーマーク取得
  • 2017年(平成29年) - 流動人口データのダッシュボード「Kompreno」をリリース
  • 2018年(平成30年) - 東京都渋谷区神宮前に本社を移転

流動人口データ

Agoopの流動人口データは、スマートフォンアプリケーションのユーザー(マルチキャリア)のうちパーミッションを得たユーザーからGPS位置情報を国内外で取得、独自の技術で解析し、「ポイント型流動人口データ」と「メッシュ型流動人口データ」の2種類を生成して、商圏分析等のエリアマーケティング、観光政策や防災対策など、様々な分野で活用できるデータとして販売している。

  • ポイント型流動人口データ
    • 発着点や経路、交通手段、滞留時間などの人の動きや流れを把握
    • 緯度経度、時間、速度、方向から人の動きを細やかに把握
  • メッシュ型流動人口データ
    • アプリケーションユーザーを日本総人口規模に換算した推計値データ
    • 月別・時間帯別の人口ポテンシャルを把握
    • 500m、250m、100mメッシュの細やかなメッシュ粒度を実現

脚注

  1. 五味明子 (2013年8月14日). “声なき声を可視化せよ――ソフトバンクの接続率No.1を支えたAgoopのビッグデータ分析”. クラウドWatch. インプレス. . 2017閲覧.

外部リンク