actions

8.5水害

テンプレート:風水害 8.5水害(はちてんごすいがい)は、1986年8月4日から5日までにかけて、東海関東甲信東北で発生した水害である。

概要

台風10号から変化した温帯低気圧が、南方洋上から日本に接近し、その後三陸沖での停滞を経て、本州の東方洋上で消滅した。 この低気圧は、東海関東甲信東北の広い地域に大雨を降らせ、16都県で死者・行方不明者・負傷者127人、住家・非住家合わせて124,959棟に被害を及ぼした。

被害

福島県

中通り浜通りで200mmから300mmの総降雨量を観測する豪雨となった。このため阿武隈川やその支流が氾濫し、福島市をはじめとした阿武隈川沿いの市町村が被害を被った。これにより11名の死傷者を出し、14,000棟が被害を受けた。

福島地方気象台福島市)と小名浜測候所いわき市)で観測された24時間の降水量で、観測史上記録を更新した。

福島市では、阿武隈川と荒川合流地点付近の南町で、堤防の決壊による浸水被害が大きく、1階が完全に水没するほどであった。福島市内北部の飯坂温泉でも、温泉街の中心を流れる摺上川が氾濫したため旅館が浸水し、夏休みの観光シーズンに大打撃をこうむった。

中通り北部の伊達郡梁川町(現:伊達市梁川地域)や宮城県角田市伊具郡丸森町でも河川の増水や浸水などの被害が出た。中通り中部の郡山市では中央工業団地が浸水し、精密電子工業の工場が浸水、その他の工場でも被害が現れこの工業団地だけで300億円の被害が出た。その他の分野も合わせると全体で1,085億円あまりの被害だった。

福島県内での死者は、安達郡岩代町(現:二本松市)で1名、郡山市で2名の合計3名に及んだ。

行政

福島県

1986年8月8日から同年9月8日にかけて、福島県は災害対策本部を設置した。

福島市伊達郡梁川町(現:伊達市梁川地域)、安達郡本宮町(現:本宮市)が8月5日に。郡山市、いわき市8月6日に。須賀川市相馬市8月7日に、それぞれ災害救助法の適用を受けた。9月30日には政府から激甚災害の適用を受けた。

荒川摺上川の氾濫を受け、旧建設省は治水対策を迫られ、かねてから計画の進んでいた摺上川ダムの建設を後押しさせた。

その他

  • 1998年に再び阿武隈川沿いは集中豪雨に襲われたが、この8.5水害の経験からハザードマップが作られ被害が小さく抑えられた。
  • 福島県庁脇にある隈畔(河畔)や、伊達市の橋桁には、この時の水位が記録してある。
  • この年のふくしま花火大会は秋に開催が延期になった。

外部リンク