actions

黒い霧解散

黒い霧解散(くろいきりかいさん)とは1966年12月27日衆議院解散の俗称[1]

概要

1966年から日本の政界では黒い霧事件が相次いでいた。佐藤栄作首相自民党総裁選で再選されるも、多くの批判票が集まった[2]野党も黒い霧事件の究明を求め、国会運営に支障を来たす状況であったため[3][4]、佐藤内閣は12月27日第54回国会が召集された初日に衆議院を解散した。

1967年に行われた第31回衆議院議員総選挙では自民党は微減するも、予想外の善戦をし、安定多数を維持。佐藤首相は求心力を高め、第2次佐藤内閣を発足させた。

脚注

  1. 朝日新聞 1986年06月03日 朝刊 2社 「戦後史に残る衆院解散劇」
  2. 朝日新聞 1966年12月1日 東京/夕刊 1頁 「自民党、佐藤総裁を再選_自民党大会・総裁選」
  3. 朝日新聞 1966年10月13日 東京/夕刊 1頁 「衆院内閣委でも“黒い霧”を追及_国会で“黒い霧”追及」
  4. 朝日新聞 1966年10月15日 東京/朝刊 1頁 「社党“黒い霧”を全面追及 十七日からの衆院決算委で」

関連項目

外部リンク