actions

高知信用金庫


高知信用金庫(こうちしんようきんこ)は、高知県高知市に本店を置く信用金庫である。通称:『.comBANK(ドットコムバンク)』。以前のキャッチフレーズは『にこにこ明るい高知信用金庫』であった。

概要

2011年6月には、信金界では初の女性トップとして、山崎久留美が理事長に昇格した[1]

2016年3月期決算では純利益185億円を計上し、自己資本比率は約47%と金融機関としては非常に高い数値を記録しているが、預貸率は信金業界の平均水準である50%をはるかに下回る約8.6%であり、収益の大半を債券の運用益に依存するビジネスモデルに依拠しており[2]九州電力(2.77%、第4位)・関西電力(2.34%、第6位)などで大株主(所有議決権数上位10位以内)に名を連ねている。これらの証券投資で得た収益の還元策として、年利0.2%(3年・5年満期、2017年11月時点)の高利回り定期預金「収益還元型定期預金・リターンA」を設定している。

沿革

ATMについて

金庫のATMは「強力ATM」の愛称を持つ。キャッシュカードの入出金については利用可能な全時間帯において手数料が徴収されない。さらにそれ以外の信用金庫のキャッシュカードによる入出金についてはしんきんATMゼロネットサービスのサービス時間帯に限り同様に手数料が徴収されない[注 1]

脚注

  1. 2008年10月1日、信金大阪共同事務センターに加盟する四国内の9信用金庫において、ATM相互入出金手数料を完全無料化したが、高知信金は独自のシステムを採用しているため、参加していない。

出典

外部リンク