操作

駒沢女子短期大学

駒沢女子短期大学
大学設置 1965年
創立 1928年
学校種別 私立
設置者 学校法人駒澤学園
本部所在地 東京都稲城市坂浜238番地
学部 保育科
食物栄養科[1]
生活科[2]
英語英文科[3]
ウェブサイト 駒沢女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

駒沢女子短期大学(こまざわじょしたんきだいがく、英語: Komazawa Women’s Junior College

東京都稲城市坂浜238番地に本部を置く日本私立大学

1965年に設置。大学の略称は駒女(こまじょ)。

概観

大学全体

建学の精神(校訓・理念・学是)

  • 駒沢女子短期大学における建学の精神は「正念・行学一如」となっている。

教育および研究

  • 駒沢女子短期大学における教育
  • 保育科:開学当初からある学科。「児童福祉」・「発達心理学」・「小児栄養実習」・「音楽」などの科目のほか、駒沢女子短期大学附属幼稚園での教育実習や海外研修も行なわれている。
  • 食物栄養科:食と栄養のエキスパートを育てる学科で、「食品学実験」・「栄養学実習」・「給食管理実習」などの科目を学ぶ。

学風および特色

  • 駒沢女子短期大学は道元が開いた曹洞宗の思想に基づいた教育がベースとなっている。
  • 永平寺参拝旅行がある。
  • 2008年度、財団法人短期大学基準協会の第三者評価の結果、「適格」認定を受けている。

沿革

  • 1928年 - 曹洞宗大本山永平寺により駒沢高等女学校および駒沢家政女学校が創設される。
  • 1953年 - 駒沢高等保育学校に改組。
  • 1955年 - 駒沢高等保母学校に改組。
  • 1965年 - 駒沢高等保母学校を発展改組して駒沢女子短期大学保育科を置く。当時の在学者数は74人[4]
  • 1966年 - 食物科を増設:在学者数は115人となっている[5]
  • 1968年 - 食物科に栄養課程が設置される。
  • 1989年 - 英語英文科を増設(在学者数は146[6])。同時に東京都世田谷区弦巻2-19-34にあったキャンパスを稲城市に移転。
  • 1990年 - 食物科を生活科に改称し、以下の専攻課程を設置する。
    • 生活専攻
    • 食物栄養専攻:旧来の栄養課程を改組。
  • 2002年 - 生活科食物栄養専攻を食物栄養科に改称。
  • 2009年 - 食物栄養科を駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科(管理栄養士養成課程)に改組(短期大学食物栄養科は募集停止)。

基礎データ

所在地

  • 東京都稲城市坂浜238番地

交通アクセス

教育および研究

組織

学科

  • 保育科
過去にあった学科
  • 生活科
    • 生活専攻[2]
    • 食物栄養専攻→食物栄養学科[1]
  • 英語英文科[3]

専攻科

  • なし

別科

  • なし
取得資格について
ファイル:Komazawa Women’s Junior College Komazawa Kindergarten.jpg
駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園

附属機関

  • 図書館
  • 駒沢女子短期大学付属こまざわ幼稚園

学生生活

部活動・クラブ活動・サークル活動

学園祭

  • 駒沢女子短期大学の学園祭は「りんどう祭」と呼ばれ、毎年概ね10月頃に行われている。

大学関係者と組織

大学関係者一覧

大学関係者

施設

キャンパス

  • キャンパス内にはお地蔵様が並ぶ散歩道がある。
  • 中央部には、大きな池と小さな滝を配した日本庭園がある。
  • 5月頃になると、校門周辺にはツツジが咲く。
  • 短大実験実習館がキャンパスのほぼ中央部にある。
  • 旧・生活科生活専攻の学生を対象に住生活館があった。

対外関係

姉妹校

系列校

卒業後の進路について

就職について

編入学・進学実績

関連項目

参考文献

脚注

  1. 1.0 1.1 募集は2008年度で最終。
  2. 2.0 2.1 旧・生活科生活専攻。2001年度募集最終。
  3. 3.0 3.1 募集は1999年度最終。2001年7月30日廃止。
  4. 昭和41年度版『全国学校総覧』30頁より
  5. 昭和42年度版『全国学校総覧』31頁より
  6. 90年度版『全国学校総覧』62頁より
  7. 7.0 7.1 7.2 2000年度用入学案内冊子より
  8. 8.0 8.1 8.2 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。1999年5月)445ページより
  9. 1979年度版以前は『短期大学一覧』

公式サイト

テンプレート:学校法人駒澤大学

テンプレート:東京都私立短期大学協会