actions

飫肥


飫肥(おび)は宮崎県南部日南市中央部にある地区。もと那珂郡飫肥村で、飫肥城を中心とした伊東氏飫肥藩5万7000石の旧城下町である。

江戸時代武家屋敷町、町人町、寺町などの町並みが多く残され、市街地の八幡通り、横馬場通り、大手門通りなど7街路を含む19.8haが文化財保護法に基づき重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

「九州の小京都」とも称され、多くの観光客が訪れている。

歴史

  • 1587年天正15年)豊臣秀吉により伊東祐兵がこの地に封ぜられるにおよんで、本格的に城下の整備がなされた。以後廃藩置県まで一貫して14代にわたり伊東氏飫肥藩主を務める。
  • 1950年昭和25年)合併により日南市となる。
  • 1977年(昭和52年)国(文部大臣)により九州・沖縄地方で最初の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定される(岡山県吹屋と共に、我が国で2番目に選定された2地区のうちの一つ)。保存地区内には城下町時代の道路や地割が良好に保存され、石垣、土塀、生垣で囲まれた武家屋敷跡が残る。地区内には飫肥城跡のほか、最後の藩主伊東祐帰(すけより)が住んだ邸宅である豫章館、振徳堂(藩校)、小村寿太郎生家などがある。

重要伝統的建造物群保存地区データ

選定内容については重要伝統的建造物群保存地区を参照のこと。

  • 地区名称:日南市飫肥
  • 種別:武家町
  • 選定年月日:1977年(昭和52年)5月18日
  • 選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持しているもの。
  • 面積:19.8ha[1]

主な施設

参考文献

脚注

関連項目

外部リンク

座標: 東経131度21分10.07秒北緯31.627825度 東経131.3527972度31.627825; 131.3527972 テンプレート:重要伝統的建造物群保存地区