操作

飛行検査用航空機


飛行検査用航空機(ひこうけんさようこうくうき、Flight Inspection Aircraft)とは、 航空機の航行の安全のために利用される航空保安施設航空交通管制施設および航空管制通信施設の機能を、実際に飛行して検査するために使用される航空機である。

飛行検査

概要

ファイル:Federal Aviation Administration N89 RJSM.JPG
三沢飛行場で飛行検査を行なう連邦航空局の飛行検査用航空機

飛行検査(ひこうけんさ、Flight Inspection)とは、日本の国土交通省によると、以下のような業務を指す[1]

  1. 航空保安施設等の機能あるいは航空路等について定期的に行う検査
  2. 施設を新設した場合、運用開始に先立って行う検査
  3. 施設に重要な変更があった場合、または重大な故障が発生しその運用を再開する場合等に行う検査
  4. 飛行場及び航空保安施設等の設置、航空路の指定及び航空機の離陸又は着陸のための飛行の方式の設定及びその他航空機の航行の安全に関する検査又は調査

日本

日本では、国土交通省航空局交通管制部運用課及び航空自衛隊航空支援集団傘下の飛行点検隊が運用している。

拠点及びミッション

  • 国土交通省航空局
    • 全国各地に配置されている航空保安施設や、空港及び航空路などに設定される飛行方式等の検査を行う。業務開始以来、羽田空港を拠点としてきたが、2015年に中部国際空港に設置された飛行検査センターに移転した[2]
  • 自衛隊
    • 入間基地に所在する飛行点検隊 が、全国各地に所在する自衛隊が管理する航空保安施設や飛行場などにかかる飛行検査を行っている。

使用機種

ファイル:MLIT Civil Aviation Bureau JA004G RJSN.JPG
飛行検査中の国土交通省航空局JA004G
ファイル:YS-11 U-125 飛行点検隊.jpg
航空自衛隊航空支援集団飛行点検隊のYS-11(左)とU-125(右)

脚注

関連項目

外部リンク