actions

順みつき


順 みつき(じゅん みつき、1948年3月4日 - 2018年4月17日[1])は、女優で宝塚歌劇団卒業生(元花組トップスター)。本名、光木 千枝子(みつき ちえこ)[1]

兵庫県伊丹市出身。愛称は、ミッキー(芸名もであるが姓から由来)、公称身長162cm、血液型O型、神戸塩原女子高等学校出身。

来歴・人物

1966年宝塚音楽学校に入学。54期生

1968年宝塚歌劇団入団。同期生に筑前琵琶奏者の上原まり、振付家の尚すみれ、元月組組長の立ともみらがいる。花組公演『マイ・アイドル[2]』で初舞台を踏む。入団時の成績は59人中11位[2]

1969年7月7日[2]雪組に配属される。

1975年星組に異動。1976年、『ベルサイユのばらIII』でオスカル役を演じる。

同年、月組へ異動。代表作はこの頃の作品が多い。『バレンシアの熱い花』のラモン、『風と共に去りぬ』(1977年月組初演時)のスカーレットなど。

1980年、自身のリサイタル『I LOVE MUSIC』を開催。このリサイタルは、1981年と1982年にも再演された。

同年、花組へ異動。4組時代ではあるが、全組への配属を経験した数少ないスターの一人である。鳳蘭安奈淳といったベルばら4強のトップたちが相次ぎ退団するなど過渡期に差し掛かっていた花組のトップを松あきらと二人でつとめた。

1982年菊田一夫演劇賞受賞。

1983年、『霧深きエルベのほとりオペラ・トロピカル[2]ただ一作だけであったが単独でトップをつとめ、同年8月1日[2]で退団。

退団後は舞台を中心に女優として活動。

2018年4月17日、胃がんのため死去[1]。70歳没。

主な舞台出演

宝塚歌劇団所属時代

雪組時代

  • 1969年10月、『能登の恋歌』/『ラブ・パレード』新人公演:ピエール(本役:鳳蘭
  • 1970年5月、『春ふたたび』新人公演:与五(本役:汀夏子)/『フォリー・タカラジェンヌ』
  • 1970年10月、『雪女』/『パレアナの微笑み』ハミルトン、新人公演:ジミー(本役:汀夏子)
  • 1971年1月、『紅梅白梅』新人公演:曾我五郎(本役:汀夏子)/『シンガーズ・シンガー』
  • 1971年4月、『ペーター一世の青春』[3]副官アンドレイ、新人公演:ペーター・イワノフ(本役:汀夏子)/『ジョイ!』[4]
  • 1971年9月、『江戸ッ子三銃士』正吉、新人公演:唐犬新兵衛(本役:郷ちぐさ)/『サンライズ・アゲイン』
  • 1972年6月、『星のふる街』源一、新人公演:ゼノ神父(本役:大路三千緒)/『ジューン・ブライド』
  • 1972年10月、『落ち葉のしらべ』良太、新人公演:次郎(本役:郷ちぐさ)/『ノバ・ボサ・ノバ*新人公演主演
  • 1973年4月、『花吹雪』/『愛のラブソディ』小四郎[5]風之助[6](東京)
  • 1973年12月、『たけくらべ』正太郎/『ラブ・ラバー』
  • 1974年5月、『若獅子よ立髪を振れ』岡本誠次郎/『インスピレーション』
  • 1974年11月、『紅椿雪に咲く -義士外伝・毛利小平太-』毛利小平太/『ファンキー・ジャンプ』
  • 1975年2月、『フィレンツェに燃える』レオナルド/『ザ・スター』

星組時代

  • 1975年2月、『屋根裏の妖精たち』ブレイブ/『マイ・ハイ・スイング』
  • 1975年11月、『美しき青いドナウ』ヨハン・シュトラウスII/『ザッツ・ファミリー』
  • 1976年3月、『ベルサイユのばらIII』オスカル[7]

月組時代

  • 1976年11月、『紙すき恋歌』藤市/『バレンシアの熱い花』ラモン
  • 1977年3月、『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ
  • 1977年9月、『わが愛しのマリアンヌ』ジャン/『ボーイ・ミーツ・ガール』
  • 1978年2月、『風と共に去りぬ』(中日・全国ツアー)スカーレット・オハラ
  • 1978年8月、『隼別王子の叛乱』八束穂[8]/『ラブ・メッセージ』
  • 1978年10月、『ザ・タカラヅカ』(中南米公演)
  • 1979年2月、『日本の恋詩』/『カリブの太陽』アンディ
  • 1979年6月、『春愁の記』次郎信親/『ラ・ベルたからづか』
  • 1980年1月、『アンジェリク』ニコラ・メルロ/『仮面舞踏会』
  • 1980年4月、『I LOVE MUSIC』(バウ)

花組時代

  • 1980年5月、『花小袖』禅竹元信/『プレンティフル・ジョイ』
  • 1980年9月、『アナトール』(バウ)エグランティーヌ
  • 1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』フランツ、ハンス[9]/『ザ・スピリット』[10]
  • 1981年2月、『花小袖』禅竹元信/『ザ・スピリット』
  • 1981年3月、『春の踊り』/『恋天狗』
  • 1981年7月、『I LOVE MUSIC』(東宝)
  • 1981年10月、『エストリレータ』ジュリアーノ/『ジュエリー・メルヘン』
  • 1982年2月、『キャバレー』(博品館劇場)
  • 1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』ハリー
  • 1982年6月、『エストリレータ』ジュリアーノ/『ファースト・ラブ』(全国ツアー)
  • 1982年8月、『キャバレー』(再演・博品館劇場)
  • 1982年11月、『I LOVE MUSIC II』(バウ)
  • 1983年2月、『霧深きエルベのほとり』カール・シュナイダー/『オペラ・トロピカル』 *退団公演

宝塚歌劇団退団後

  • 1983年12月、『悲劇 アトレウス家の崩壊』(帝国劇場)
  • 1984年10月、『キャバレー』(博品館劇場)
  • 1985年7月、『BABY』(博品館劇場)
  • 1986年3月、『ホワイト・クリスマス』(博品館劇場)
  • 1987年6月、『Love Me Tonight - Isn't it Romantic -』(博品館劇場)
  • 1987年12月、『ホワイト・クリスマス』(博品館劇場)*再演
  • 1991年5月、『父さんが歌ったあの歌を - FENCES -』(博品館劇場)
  • 2001年6月、『屋根の上のバイオリン弾き』(帝国劇場) - ゴールデ

主なテレビ出演

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 訃報 順みつきさん70歳=宝塚花組元トップスター、女優”. 毎日新聞 (2018年4月19日). . 2018-4-19閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.76-77(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  3. 1971年8月の東京公演では、タイトルが『ペーターの青春』に変更
  4. 1971年8月の東京公演では、『ノバ・ボサ・ノバ』に演目が変更
  5. 汀夏子と役替わり
  6. 尚すみれと役替わり
  7. 榛名由梨安奈淳汀夏子と役替わり。
  8. 世れんかと役替わり
  9. 松あきらと役替わり
  10. 1981年7月の東京宝塚劇場公演は、ショーが『ファースト・ラブ』に変更。

関連項目

外部リンク


テンプレート:宝塚歌劇団花組主演男役 テンプレート:宝塚版 ベルサイユのばら 主要キャスト テンプレート:宝塚版 風と共に去りぬ 主要キャスト