actions

青木雄二


青木 雄二
生誕 1945年6月9日
日本の旗 岡山県久米郡弓削町
(現・久米南町
死没 (2003-09-05) 2003年9月5日(58歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家随筆家
活動期間 1970年 - 2003年
ジャンル 青年漫画
代表作ナニワ金融道
受賞 第16回講談社漫画賞
第2回手塚治虫文化賞優秀賞
(以上『ナニワ金融道』)
テンプレートを表示

青木 雄二(あおき ゆうじ、1945年6月9日[1] - 2003年9月5日[2])は、日本漫画家エッセイスト京都府加佐郡大江町(現・福知山市)生まれ。岡山県久米郡弓削町(現・久米南町)出身[3]

来歴

1964年岡山県立津山工業高等学校土木科を卒業[2]。在学中は野球部に所属し、ポジションキャッチャーだった[4]。卒業後は兵庫県神戸市山陽電気鉄道に入社[3]

1969年、当時の山陽電気鉄道は学歴を重視する方針だったことに不満を感じ[4]、入社からわずか5年で同社を退社。地元岡山県に戻り久米南町役場の職員になるが、結局田舎での生活に嫌気がさし[4]、3ヶ月で退職[3]。大阪に出てビア・ホールでアルバイトを始める。その後はパチンコ店の店員やキャバレーのボーイ等の水商売を中心に約30種類以上の職を転々とした[2]。この経験が漫画を描く上で大いに参考になったという。本人によると一番楽だった仕事は公務員で、肉体的に一番キツかったのがパチンコ屋、精神的に一番キツかったのが漫画家だったとのことである[5]。当時のパチンコ店内は大音量のBGMが流れ、タバコを吸う客が多く店内の空気が非常に悪かったため、パチンコ店の店員は大変だったと語っている。

1995年、19歳年下の女性と50歳で結婚。妻とは行きつけの喫茶店で知り合い、55歳で男児をもうけている。青木自身は50回以上の見合いを経験した[4][6]

1997年3月、『ナニワ金融道』の売上が1000万部を突破し、「一生暮らせるだけの金は稼いだ、残りの人生は遊んで暮らす」と宣言。漫画執筆活動を引退し、余生を自由気ままに過ごす予定だったが、活字の執筆や公演依頼が多く、引退後も忙しかった。その模様をTBSJNN報道特集に「ナニワ金融道 青木雄二の素顔」として密着取材され、青木の数少ない映像記録となった。

2003年9月5日肺癌のため死去。58歳没。

執筆活動

1970年に「屋台」がビッグコミック新人賞佳作に入選[3]。佳作賞金として7万円を手にするも、連載等の声が全くかからなかったため、佳作に入選した「屋台」を持ってデザイン会社に売り込みをして就職し3年間勤めた[4]

1975年に独立してデザイン会社「青木デザイン」を起業する[3]。起業当初は一人で全ての業務を行っていたが、事業拡大のために従業員を雇うようになる。経営は順調に思えたが、数々の取引先から支払いを「もう少し待ってくれ」と言われ続け、資金繰りが苦しくなる。そんな状況にも関わらず、青木の「他者に金銭的迷惑をかけない」という信条により、従業員の給料や自社からの支払いは一度も遅れる事なくしっかりとこなしていた。次第に状況が悪化して借金を背負い[4]1983年倒産。ここでの経験がその後の作品を描く上で大いに参考になったという。この期間も漫画を描き続け、実業之日本社を中心に投稿を続けるが、「現象形態と本質」が1987年頃に週刊漫画サンデーに掲載されたものの、ほとんど掲載されるには至らなかった[4][7]

1989年、「50億円の約束手形」でアフタヌーン四季賞佳作に入選、1990年に「彼岸と此岸の間で」で準入選を受賞し、同年に代表作の「ナニワ金融道」(週刊モーニング)で漫画家として45歳でデビューした、遅咲きの漫画家であった[3]

自らマルクス主義者を標榜し、現代社会への批判が常に著作の根底にあった。そのため右翼団体によって攻撃の対象とされていた。日本共産党の演説会に弁士として招かれたことがあり、講演会や赤旗紙上に晩年までたびたび出ていた(が、あまりに教条的なマルクス主義論を壇上でぶったため、二度とお呼びが掛からなかったという逸話もある[8])。新左翼系の都政を革新する会の支持者名簿に名を連ねることもあったが、当人は「『目的のためには手段を選ばず』ではなく、目的達成のためには手段は選ばなくてはならない」と冒険的な武力闘争を否定するなど、過激派的路線とは一線を画していた。また、マルクスとともにドストエフスキーに傾倒しており、著書ではドストエフスキーの作品についてしばしば言及している。

契約書の一字一字や畳の目の一本一本を描き込むなど、緻密な描き込みをポリシーとしていた[9]。そのため、腱鞘炎になってしまい、『ナニ金』の連載終了とともに漫画家を引退したのはこのことによる過労のためとも言われる[10]。緻密な描き込みについては「スクリーントーンを全く使わない」と形容されることがあるが、実際には多少は使用している。

漫画家引退後は朝日新聞夕刊にコラム「ナニワ資本論」を連載していた。イラストも自らが描いていた。原稿料は3Pで10万円[11]

著作の『ナニワ金融道』は金融ネタの漫画がブレイクするきっかけとなった。後発の高利貸しを主人公にした作品『ミナミの帝王』に対しては、同作品の映画で著作権を侵害されたせいか、作中で"パクリの帝王"なる作品を描写するなど敵視していた。また、『ミナミの帝王』主人公の「萬田銀次郎」をパロディにしたトイチの闇金「銭田掏二朗」を敵役として登場させ、灰原たちにへこまされるというエピソードも描いた。なお、この著作権問題は訴訟となり、『ミナミの帝王』側が『モーニング』に謝罪広告を出している[8]

現在、青木雄二監修・原案とクレジットの入った作品がいくつか存在する。

岡山県で少年期を過ごした経験から「岡山の人間は薄情だ」と非難していたとされるも、実際には岡山を何度か訪れ、講演や選挙での応援演説などを行なっていた。

受賞歴

  • 1970年度 - ビッグコミック新人賞佳作
  • 1989年度 - アフタヌーン四季賞佳作
  • 1992年度 - 第16回講談社漫画賞
  • 1998年度 - 第2回手塚治虫文化賞優秀賞受賞

アシスタント

出典

  1. 青木若代 夫・青木雄二―ナニワの異端漫画家の真実 廣済堂出版 ISBN 978-4331510605 18頁
  2. 2.0 2.1 2.2 卒業生の活躍 漫画家・エッセイスト「青木雄二」津山工業高等学校HP内同窓会ページ内コンテンツ 2010年9月3日閲覧
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月、ISBN 9784816917608)P6
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 ボクの人生道―学歴社会が気にいらんのや(1996年9月、ISBN 9784894280830)
  5. 本人単行本『ナニワ金融道』19巻あとがきなど。
  6. 僕が最後に言い残したかったこと(2003年10月、ISBN 9784093713733)
  7. ゴマブックス株式会社「青木雄二漫画短編集完全版2 ゼニと欲望編」奥付より
  8. 8.0 8.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「aoki10」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  9. 青木雄二の「ゼニ儲け」全部教えよう―目からウロコのナニワ流金満リッチ道(2001年11月、ISBN 9784415069531)
  10. TBS・JNN報道特集「ナニワ金融道 青木雄二の素顔」より。
  11. 青木雄二のナニワ資本論(1999年5月、ISBN 9784022573964)

関連項目

外部リンク

青木雄二作品が読めるサイト - マンガ読破!EX