actions

青年トルコ革命

オスマン帝国末期の立憲革命。アブドゥル・ハミト2世の専制政治を打倒し,第1次メシュルティエト期の憲法の再発布と議会の再開とを要求する「青年トルコ」運動は,青年将校,学生,知識人を主体とした秘密結社「統一と進歩委員会」を中心に展開された。

1908年7月,この運動の拠点セサロニキでアフマド・ニヤジ,エンベルら青年将校が武装蜂起すると,アブドゥル・ハミト2世は憲法復活と議会の再開を宣言した。1908年以後「青年トルコ」政府内部の権力闘争に勝ったエンベル・パシャ,ジェマール・パシャ,タラート・パシャらの汎トルコ主義・親ドイツ政策は,これを利用したドイツとの提携を深め,第1次世界大戦では枢軸国側に加わってオスマン帝国を破滅に導いた。

しかし,この時代に展開された民族主義的経済・社会政策は第1次世界大戦後のトルコ革命によって引き継がれた。