actions

阿登佐岳

阿登佐岳(あとさぬぶり、: Atsonupuri、阿登佐登とも書く)は千島列島択捉島[1]にある活火山標高1,209m[2]安山岩玄武岩の二重式成層火山であり、その姿が富士山に似ていることから択捉富士と呼ばれる[3]噴火1812年(文化9年)と1932年(昭和7年)に記録されている。 北海道弟子屈町にあるアトサヌプリ(別名硫黄山)とは別の山。

山名の由来

山名はアイヌ語で裸を意味する「アトゥサ(atusa)」と山を意味する「ヌプリ(nupuri)」に由来。アイヌ語学者の知里真志保によれば、アイヌ北海道南千島の熔岩・硫黄に覆われた火山を「アトゥサヌプリ」と呼んだ。

脚注・出典

  1. 阿登佐岳がある択捉島は現在ロシア連邦実効支配日本が返還を求めている北方領土に含まれる。北方領土の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題の項目を参照されたい。
  2. 地理院地図”. . 2016閲覧.
  3. ステン・ベルクマン 『千島紀行』 朝日文庫、1999年、90p。

参考文献

  • 知里真志保『地名アイヌ語小辞典』北海道出版企画センター

外部リンク