actions

関税及び貿易に関する一般協定

関税及び貿易に関する一般協定(かんぜいおよびぼうえきにかんするいっぱんきょうてい、英語: General Agreement on Tariffs and Tradeフランス語: Accord Général sur les Tarifs Douaniers et le Commerce

一九四七年に作成され、四八年に発効。加盟国間において、関税その他の貿易障害を軽減し、国際通商における差別待遇を廃止し、国際貿易の拡大、雇用、生活水準の引上げを図ることを目的とし、GATT(ガット)と略称。関税の引下げや貿易の自由化の促進に大きな役割を果たしてきた。我が国は一九五五年に加盟した(昭三〇条一三)。その後、ウルグアイ・ラウンド交渉の結果締結された「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定」(平六条一五)の附属書の一つとして、従来のガット及び関連文書等を盛り込んだ「一九九四年の関税及び貿易に関する一般協定」(一九九四年のガット)が一九九五年に発効した。



楽天市場検索: