actions

長門探題

長門探題(ながとたんだい)

鎌倉時代,モンゴルの襲来にそなえて,長門,周防防衛のために設けられた幕府の出先機関で,長門周防探題ともいわれている。建治2 (1276) 年執権北条氏の一族宗頼を長門,周防両国守護として派遣し,敵襲の防衛にあたらせたのが,事実上の初めで,以後北条一族がその地位を相伝し,諸国の守護以上の強力な権限を与えられた。探題の称呼は時直在職 (1323~33) のときにみえる。元弘3=正慶2 (1333) 年5月時直は後醍醐天皇にくだり,長門探題は滅びた。



楽天市場検索: