操作

長崎カトリック神学院

長崎カトリック神学院

長崎カトリック神学院(ながさきカトリックしんがくいん)

長崎県長崎市にあるキリスト教カトリック)の神学校

1989年平成元年)までの名称は長崎公教神学校(ながさきこうきょうしんがっこう)[1]

1875年明治8年)にパリ外国宣教会ベルナール・プティジャン神父によって設立され、初代の校舎は国宝大浦天主堂に隣接して建てられた。当時は講義がすべてラテン語で行われたため、「羅典神学校(らてんしんがっこう)」と呼ばれていた。

初代校舎は、1972年昭和47年)5月15日、旧羅典神学校として国の重要文化財に指定されている。

脚注

  1. 「公教」という名称は、かつてカトリック教会の名称として使用されていた。現在も「公教要理」などの使用例がある。

座標: 北緯32度46分39.2秒 東経129度51分59.7秒



Rakuten 楽天市場検索: