actions

錢高組

株式会社錢高組(ぜにたかぐみ、: The Zenitaka Corporation)は、大阪府大阪市に本店、東京都千代田区に本社を置く日本の中堅ゼネコンである。三水会及びみどり会の会員企業であり三和グループに属している[1][2]

同じ大阪市に本社を置く奥村組竹中工務店鴻池組淺沼組と並ぶ在阪ゼネコンの一つ。創業1705年(寶永2年)以来、300年以上の歴史を持つ。

社名と社章が野村胡堂作『銭形平次 捕物控』の名前の由来となったことでも知られる[3]

沿革

  • 1705年 - 和泉国日根郡尾崎村(現・大阪府阪南市尾崎町)の宮大工、錢高林右衛門が棟梁として建立に携わった西本願寺尾崎別院が落慶【創業】
  • 1887年 - 錢高善造が大阪府東区横堀5丁目(現・大阪市中央区久太郎町4丁目)で土木建築の請負業を始める【創立】
  • 1912年4月 - 合資会社錢高組設立
  • 1931年4月10日 - 株式会社錢高組設立
  • 1931年7月 - 株式会社錢高組が合資会社錢高組を吸収合併
  • 1961年10月 - 大阪証券取引所第二部に株式を上場
  • 1966年3月 - 大阪証券取引所第一部に指定
  • 2013年7月13日 - 大阪証券取引所と東京証券取引所との現物株市場統合に伴い、東京証券取引所第一部に上場

主な施工物件

吾妻橋
静岡スタジアム
夢翔大橋


脚注

  1. 六大企業集団の無機能化 - 同志社大学学術情報検索システム内にあるPDFファイル。筆者は経済学者の田中彰。
  2. メンバー会社一覧 - みどり会
  3. 『銭形平次誕生秘話』 錢高組会社情報参照

外部リンク