actions

金地院

金地院(こんちいん)

京都市左京区にある臨済宗南禅寺の塔頭。大業徳基により応永年間 (1394~1427) に創建されたと伝えられ,慶長 10 (1605) 年に以心崇伝が南禅寺塔頭として再興した。寛政2 (1790) 年の『禅宗済家五山僧録司金地院牒』には御朱印高七百石と記される。所蔵される『本光国師日記』は原本であり,方丈や東照宮本殿,東照宮石の間,東照宮拝殿,八窓席とともに,重要文化財。絵画では足利義満が蔵していた『秋景冬景山水図』,応永 20 (1413) 年明兆筆とされる墨画『渓陰小築図』がともに国宝に指定されている。



楽天市場検索: