actions

部落解放同盟

部落解放同盟
略称 解放同盟
設立年 1946年(部落解放全国委員会設立)
設立者 松本治一郎
種類 同和団体
本部 日本の旗 日本 東京都中央区入船1-7-1
座標 東経139度46分40.4秒北緯35.673222度 東経139.777889度35.673222; 139.777889
ウェブサイト http://www.bll.gr.jp/
テンプレートを表示

部落解放同盟(ぶらくかいほうどうめい)

1922年創設の全国水平社を継承する団体。 46年全国部落代表者会議を開き,松本治一郎を初代委員長として部落解放全国委員会が発足。 55年現在のように改称された。その後,主流派の社会党系同盟員と共産党系同盟員との間で糾弾問題をはじめとする部落開放運動のあり方や進め方をめぐって意見が対立,後者が 70年6月に「全国部落開放運動連合会」 (全解連) の前身である「部落解放正常化全国連絡会議」 (正常化連) を結成した。また 60年には保守系組織である「全日本同和会」が分裂し,さらにこの団体からも 86年に「全国自由同和会」が分離・独立したので,現在4つの組織がそれぞれ解放運動を進めている。解放同盟は機関紙『解放新聞』を発行。


外部リンク



楽天市場検索: