actions

過塩素酸アンモニウム

過塩素酸アンモニウム(かえんそさんアンモニウム、ammonium perchlorate) は過塩素酸アンモニウム塩にあたる無機化合物

化学的性質

結晶は無色。多くのアンモニウム塩と同様に溶融する前に分解する。他の物質を強く酸化させる性質を持つ固体(酸化性固体)であり、可燃性物質と混合させて、衝撃摩擦により分解し、きわめて激しい燃焼を得る。

加熱すると約 150 ℃ で分解を始めて酸素を発生し、400 ℃ で発火する。分解時、多量のガスを発生するので危険である。[1]

<ce>2 NH4ClO4 -> Cl2\ + N2\ + 2 O2\ + 4 H2O</ce>

強熱すると爆発を引き起こす場合がある。

製造

アンモニア過塩素酸の反応によって生産される。過塩素酸ナトリウムの水溶液に塩化アンモニウムを加えて析出させて生産することもできる。[2]

用途

過塩素酸アンモニウムと合成ゴム、金属粉などを混錬して成形したコンポジット推進薬(APCP)はロケットエンジンの推進剤に使用されている。コンポジット推進薬を用いた固体燃料ロケットブースターアメリカスペースシャトル日本H-IIロケットで用いられている。また過塩素酸アンモニウムは産業用の火薬の一種であるカーリットの主原料としても使用されている。

300℃まで結合力を持つ一部のエポキシ系接着剤に含まれている。

規制

GHSにおける火薬類(等級1.1)または酸化性固体(区分2)に該当し、各国で貯蔵や運搬に規制がある(国連番号0402または1442)。日本では船舶安全法航空法によってGHSに基づく規制があり、また消防法に基づく危険物第1類に指定されている。

燃焼生成物には有毒で発癌性がありオゾン層を破壊し、酸性雨地球温暖化の原因になる塩素化合物が含まれる。

関連項目

脚注

  1. T. L. Boggs, Deflagration Rate, Surface Structure and Subsurface Profile of Self-Deflagrating Single Crystals of Ammonium Perchlorate. AIAA Journal, 8(5), 1970, pp. 867--873.
  2. Helmut Vogt, Jan Balej, John E. Bennett, Peter Wintzer, Saeed Akbar Sheikh, Patrizio Gallone “Chlorine Oxides and Chlorine Oxygen Acids” in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2002, Wiley-VCH. doi:10.1002/14356007.a06_483