actions

赤目四十八滝

テンプレート:Infobox 滝

ファイル:AkameUshi.jpg
赤目の牛の像

赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)は、日本に数多く存在する四十八滝の一つで、三重県名張市赤目町を流れる滝川の渓谷にある、一連のの総称である。また、谷は赤目四十八滝渓谷(あかめしじゅうはちたき けいこく)と称される。

山岳信仰の地

その地勢ゆえに当地は古より山岳信仰聖地であり、地元には「滝参り」という呼び方が今も残る(後述の「不動滝」を参照)。奈良時代には修験道の開祖である役行者(役小角)修行場ともなった。

地名「赤目」の由来は、役行者が修行中に赤い目のに乗った不動明王に出会ったとの言い伝えにあるとされる。 また、役行者および修験道と関連するが、忍者の修行場であったとも伝えられている。

自然と観光

ファイル:Akame48Taki-iriguchi.JPG
日本サンショウウオセンター

滝のある渓谷はおよそ4kmにわたって続き、峠を挟んで香落渓(こおちだに)へとつながっている。 渓谷は四季折々に楽しめるハイキングコースとなっており、紅葉の名所としても知られていて、秋には関西・中京方面などから多くの観光客で賑わいを見せる。2013年の観光入込客数は163,948人[1]

渓谷とその周辺地域は野生動物植生の宝庫である。特に渓谷は、世界最大級の両生類の一つ[2]であるオオサンショウウオの棲息地として知られ、滝への入り口付近には飼育・展示施設の日本サンショウウオセンターがある。また、テレビ番組でオオサンショウウオを扱う際のロケ地となることも少なくない[3]

赤目五瀑

赤目四十八滝のうち比較的大きな5つの滝を、赤目五瀑(あかめ ごばく)と言う。

  • 不動滝(ふどうだき、ふどうたき)
    落差15m、滝幅7m、滝壺の深さ10m。不動明王にちなんで名付けられた滝。「滝参り」はこの滝への参拝を意味する。明治中期以前はここより奥は原生林で、入ることができなかったという。
  • 千手滝(せんじゅだき、せんじゅたき)
    落差15m、滝幅4m、滝壺の深さ約20m。
    岩を伝って千手のように落水するところからの命名とする説と、千手観音に因むとする説あり。
  • 布曳滝(ぬのびきだき、ぬのびきたき、ぬのびきのたき)
    落差30m、滝壺の深さ30m。30mの高さから一条の布を掛けたように落ちる。
  • 荷担滝(にないだき、にないたき、にないのたき)
    落差8m。川の中央に位置する大岩を挟んで流れが二手に分かれる様子が、荷物を綺麗に振り分けて担っているように見えることから、「担いの滝」「荷担い滝」と名づけられた。渓谷随一の景観とされる。
  • 琵琶滝(びわだき、びわたき)
    落差15m、滝壺の深さ10m。形状が楽器の琵琶に似ている。

環境の評価

「赤目四十八滝」名義で、遊歩道がそれぞれ、森林浴の森100選1986年選定)、日本の滝百選1990年)、遊歩百選2002年)、平成の名水百選2008年)に選出されており、重ねて遊歩道は、美しい日本の歩きたくなるみち500選2004年)に「赤目四十八滝へのみち」の名で選出されている。

関連作品

第119回直木賞を受賞した車谷長吉原作の『赤目四十八瀧心中未遂』の舞台として知られ、のちに荒戸源次郎監督寺島しのぶ主演で映画化され、そのロケ地ともなった。

アクセス

渓谷内では徒歩のみ。

鉄道
自動車道
  • 路線バス :近鉄大阪線・赤目口駅前バス停より、三重交通の路線バス「11 赤目線 赤目滝行き」に乗車し、約10分で到着。
  • 自家用車 :国道165号を赤目口駅付近より、バスと同じルート(約6km)を走り、約10分で到着。

周辺観光地

脚注・出典

  1. 観光地点等分類ごとの入込客数”. 三重県雇用経済部 観光・国際局 観光政策課. 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2015閲覧.
  2. なお、オオサンショウウオは日本では「世界最大の両生類」と紹介されることが多いが、同属異種のチュウゴクオオサンショウウオが同格であり、したがって「最大種」は存在せず「最大級」2種がいる(2010年時の知見)。
  3. TBS系列 『飛び出せ!科学くん』 2009年8月24日放送回など。

関連項目

外部リンク

テンプレート:日本の滝百選