actions

西安事件

西安事件(せいあんじけん)は、1936年民国25年)12月12日中華民国西安で起きた、張学良楊虎城らによる蒋介石拉致監禁事件。中国では西安事変と呼ばれる。事件収束に至る真相の詳細はいまだ不明だが、この事件によって、その後の共同抗日国共合作が促されたとされる。

背景

陝西省華清池の五間廰(2008年撮影)
陝西省臨潼華清池にある西安事変記念碑(2008年撮影)

1934年1月8日に欧州旅行から帰国した東北軍zh)首領の張学良ドイツイタリア民衆が心を合わせて指導者を擁護しながら復興を遂げていることに感銘を受け、帰国するやいなや「われわれも領袖を擁護しなければならない」と語り、中央の蒋介石支持を明らかにした[1]柳条湖事件後、東北の地盤を失った張学良は蒋介石から河南省湖北省安徽省の剿共[2]に任命され共産党軍の長征による北上を阻止する任務についたが[1]1935年9月には指揮下の第67軍第110師団が壊滅的損害を被り師団長・参謀長を失った[3]1935年10月には西北剿共副総司令に任命され西安に司令部を進めたが、指揮下の第57軍第109師団の師団長が捕虜になるなど損害を出し続けていた[1][3]。このような状況に置かれていた張学良は楊虎城に剿共が嫌になったと打ち明け、1936年に入ると共産軍との接触を始めた[4]1936年4月9日張学良の働きかけによって周恩来・張学良会談が延安で開かれた[5]

西安の地方軍閥である楊虎城第17路軍総指揮)は、中央軍・共産軍どちらの進出も望んでおらず、共産軍と相互不可侵協定を結んでおり、西安に進出した張学良に司令部を提供することもなく、蒋介石の剿共作戦に批判的であった[3]

共産軍中国政府軍の剿共戦により21万人から7万人まで勢力を弱め[6]、陝西省・甘粛省の2省に追い詰められていた。このため、蒋介石は共産軍を殲滅する最後の軍議を西安で開き、20個師団と100機を超える航空機を投入して2週間から1月間以内に8年間にわたる剿共戦を終わらせようとしていた。蒋介石は将軍たちに「剿匪の完全成功まで、いまや最後の5分間の段階にきている。各自はこの機会を逃すことなく、勇敢迅速に行動してほしい」と繰り返し命令していた[7]

日本との間には、1936年9月23日上海共同租界内で日本人水兵射殺事件が前年度の中山水兵射殺事件の解決をみる前に再び引き起こされ[8][9]9月24日に蒋介石は臨戦態勢をとるよう軍政部長等に命令を下す状況に陥っていた[9]10月1日ナチス・ドイツから派遣されているファルケンハウゼン将軍によって立案された上海漢口租界の日本軍への奇襲攻撃作戦が蒋介石に伝達された[10]10月5日、蒋介石と川越大使との会談が行われ、蒋介石は日中友好を力説した[11]

1936年10月、国民政府行政院長(首相)蒋介石は、紅軍中国共産党軍)の根拠地に対する総攻撃を命じたが、共産党と接触していた張学良と楊虎城は共産党への攻撃を控えていた[12]。このため、蒋介石は攻撃を督促するために12月4日には西安を訪れていた[12]

コミンテルンによる指令

スターリンによる国際共産党は、事件以前から中国共産党に対して、蒋介石日本軍を戦わせて両者を共倒れさせることにより、中国共産革命を成功に導くよう、指令を与えていた[13]

事件

拉致

1936年12月11日午後10時、張学良は親衛隊第二旅長唐君堯、騎兵第六師長白鳳翅、親衛隊第二営長孫銘九に抗日のための蒋介石連行計画を打ち明け、翌日の作戦計画の取り決めがなされた[14]。12月12日午前1時、張学良は緊急幹部会議を行いその他の幹部にも作戦実施を告げた[14]

12月12日午前5時、西安からトラックに分乗した拉致実行部隊(張学良の親衛隊第2営第7連120名)が出発した[15]。西安では楊虎城の第17路軍が陝西省政府、憲兵隊、警察、保安隊、飛行場、蒋介石配下の将軍等が宿泊する西安賓館を襲撃した[15]。第17路軍は憲兵団長揚鎮亜を射殺し、西安賓館の将軍等を一箇所に集めて監禁するとともに脱出を試みた邵元沖元立法院院長代理を射殺した[16][15]。蒋介石が滞在している華清池zh)から500mに位置する臨潼県城には第105師師長劉多茎と親衛隊第二旅長唐君堯が到着し、拉致実行部隊(張学良の親衛隊第2営第7連120名)の到着を待った[15]

午前6時25分、蒋介石拉致実行部隊(張学良の親衛隊第2営第7連120名[15]。)が華清池zh)の五間廰表門で守備についていた憲兵の誰何に応答することなくトラックで侵入を図ろうとしたため、憲兵が威嚇射撃を行うと、トラックから実行部隊が降り立ち憲兵と銃撃戦となった[17][18]。降り立った実行部隊たちは塀を乗り越えて門内に侵入した[19]。銃声を受けて異変を察知した特務員蒋堯祥は侍衛官竺培基の指示を受け調べに向かったところ実行部隊に銃撃され応戦中に左胸を打ち抜かれながらも変を叫んで知らせた[19]。蒋介石は侍衛官竺培基から避難するよう伝えられると、竺培基、特務員施文彪、従兵蒋孝鎮の4名で塀を乗り越えて脱出した[19]。一行は裏山の標高790mの斯家山の頂上付近まで退避したが、途中警護の者達は次々と銃弾に倒れ[20]、蒋介石は一人岩間に身を潜めた[21]。午前7時30分には警備隊は制圧され護衛侍従長銭大鈞、侍従室第3組長蒋孝先など20名、実行部隊は17名の死傷者を出した[20]。実行部隊は捕らえた憲兵の一人に拳銃を突きつけて尋問するとともに2千元を渡し蒋介石の情報を提供をすれば釈放すると条件を出したため、憲兵は蒋介石が裏山に逃げたことを自白した[22]。蒋介石の発見に2万元の懸賞金がかけられ、午前9時には発見された[21]。捕らえられた蒋介石は西安に連行された。

略奪

その間、楊虎城第17路軍によって陝西省政府、保安隊、警察、銀行、西安賓館西安駅、農村合作事処、民家などで略奪が行われた[22]。西安駅では中央軍の兵糧が略奪され将兵たちによって転売された[22]。西安賓館では書類以外全てが略奪の対象となり、宿泊していたアメリカ人女性記者はメガネから下着にいたるまで奪われた[22]。張学良の銀行である東北辺業銀行では制止に入った西北剿共総司令部員張式維が射殺された[22]

午後8時になると甘粛省蘭州では東北軍第51軍が中央軍第8師第24師留守処、綏靖公署、公安総局、中央銀行、農民銀行、郵便局などを襲撃し掠奪を行った[23]

8項目の要求

張学良は監禁した蒋介石に対し以下の8項目を要求し全国に流した。

  1. 南京政府の改組、諸党派共同の救国
  2. 内戦の停止
  3. 抗日七君子の釈放
  4. 政治犯の釈放
  5. 民衆愛国運動の解禁
  6. 人民の政治的自由の保証
  7. 孫文遺嘱の遵守
  8. 救国会議の即時開催

武力討伐の動き

監禁された蒋介石は張学良らの要求を強硬な態度で拒絶した。12月13日黄埔軍官学校書記長鄧文儀第28師第51師に西安攻撃を進言するとともに軍官学校卒業生7万余人の名で強硬策を国民政府に進言した[24]。中国全国の将軍から中央政府への支持と張学良討伐を要請する電報が国民政府に続々と到着していった[25]ドイツ軍事顧問団ファルケンハウゼン中将からはドイツ人顧問をともなった戦車旅団、ドイツ式訓練を受けた第83師第87師を西安に派遣し反乱軍への奇襲攻撃と共産軍への空爆を行い、蒋介石釈放交渉を行うとする作戦が献策された[26]第28師は進撃し、洛陽の空軍部隊は渭南への爆撃を行った[26]。政府軍の進撃と爆撃が行われると、張学良は蒋介石に4-7日以内に南京に送還する予定であったが政府軍の攻撃のために出来なくなったと述べた[26]。これを聞いた蒋介石は何かを待たなければならないために自分たちでは決定できないのであると推理した[26]。事情を知った一般世論からも張学良は強い批判を浴びることとなった。

国共合作

しかし中国共産党の周恩来秦邦憲葉剣英が西安に入り話し合いが行われ、国民政府側の蒋介石、宋子文宋美齢(蒋介石夫人)との間に前8項目に関する合意ができて蒋介石は解放された。翌1937年2月の三中全会では西安事件をきっかけに国民政府の態度が硬化し[27]、中国共産党の完全掃滅を決議し[28]、その後も妥協を行わず中共を追詰めたが[29][30]日中戦争が勃発し、国民政府は中共掃滅を放棄し[31]、第二次国共合作が成立する。蒋介石と周恩来との間でどのような会談が持たれたかは、戦後も一貫して張学良は語らなかった。

蒋介石監禁の報を受けた中国共産党は、蒋介石殺害を検討したが、スターリンの鶴の一声で立ち消えとなった。スターリンは「蒋介石を釈放しなければコミンテルンを除名する」と恫喝している。これは陳立夫のスターリンへの働きかけもあったし、蒋介石と和睦することで、共産党勢力を温存し、国民党と手を組んで抗日戦を継続することで、日本を中国に釘付けにして対ソ戦を回避させられるというスターリンの思惑が働いたという。中ソ両国の間で「ソ連側の国民政府支持、新疆・外蒙古に対するソ連政策の撤回、中国側の防共政策の放棄」を骨子とする諒解が成立し、中国に対して共同防共を働きかけて来た、日本の外交政策は破綻した。今まで日中交渉に当たっていた外交部長張群は更迭された。

蒋介石の息子の蒋経国が留学中のソ連に政治的人質に捕られ、帰国を条件に国共合作を認めたという。

後年、蒋介石は数々のインタビュー内において、西安事件に関して一切発言しようとはしなかった。この会談で具体的に何が話し合われたのか、なぜそれまで頑なに共産党との合意を拒否していた蒋介石の態度が変わったのかについては、関係者が全て鬼籍に入った今となっては、永遠の謎となってしまった。

胡適は「西安事変がなければ共産党はほどなく消滅していたであろう。・・西安事変が我々の国家に与えた損失は取り返しのつかないものだった」と述べている。

拉致首謀者への処罰

張学良

事件の首謀者である張学良は、事件を起こした責任をとるとして、自ら進んで国民政府の軍法会議にかけられることになった。当然の事ながら反逆した事で国民党内部で誰も軍法会議に異議を唱えず、張学良の極刑を主張する声もあった。そして、張学良は50年間に渡り軟禁されることとなった[12]。軟禁解除後は100歳まで長生きし、2001年ハワイで客死した[12]

楊虎城

楊虎城は事件後に蒋介石の命令で欧州へ外遊に出され、日支事変が勃発後に帰国すると蒋介石に家族ともども監禁された[12]。その後、1946年毛沢東中国共産党主席によって楊虎城の釈放が要請されたが蒋介石は拒否した[12]。中国共産党の攻勢で重慶陥落が目前となった1949年9月17日、アメリカと国民党政府が設置した政治犯収容所楊虎城はその娘、秘書夫妻、警護兵とともに蒋介石の命令によって殺害された[12]

日本への影響

この事件により中国全土の抗日気運は高まり、日中の対立は避けられないものとなった。 また当時朝日新聞社の記者でソビエト連邦スパイであった尾崎秀実は、スターリンが蒋介石の暗殺を望んでいないという情報を元に蒋介石の生存や抗日統一民族戦線の結成など事件の顛末を正確に予測。対支分析家として近衛文麿の目に止まり近衛の私的機関昭和研究会へ参加することとなる。以後日本の中枢情報がゾルゲ諜報団を通じてソ連に筒抜けになる。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、243。
  2. 「剿共」(ジャオゴン)とは、共産党討伐の意。日本では「しょうきょう」などと読む。副総司令
  3. 3.0 3.1 3.2 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、244。
  4. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、246。
  5. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、246-247。
  6. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、247。
  7. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、250。
  8. 日本外交文書デジタルアーカイブ 昭和期II第1部 第5巻 上巻. 外務省. Retrieved on 2011年10月9日. 
  9. 9.0 9.1 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、228-229。
  10. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、231。
  11. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、232。
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 12.5 12.6 梅本可奈子・如月隼人 (2007年9月17日). “【今日は何の日】1949年:楊虎城が殺害される”. Searchina. . 2011年10月16日閲覧.
  13. 後勝 『ビルマ戦記―方面軍参謀 悲劇の回想』 光人社、27。ISBN 4769805705。
  14. 14.0 14.1 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、263-264。
  15. 15.0 15.1 15.2 15.3 15.4 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、265-266。
  16. 事件当時は党資料編纂委員会主任
  17. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、268。
  18. 児島襄は五間房としているが写真では「五間廰」としているのでそれにならう[1]
  19. 19.0 19.1 19.2 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、269。
  20. 20.0 20.1 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、270。
  21. 21.0 21.1 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、272。
  22. 22.0 22.1 22.2 22.3 22.4 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、271。
  23. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、281。
  24. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、288。
  25. 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、294。
  26. 26.0 26.1 26.2 26.3 児島襄 『日中戦争3』 文藝春秋、1988年、296。
  27. 小倉 1937 pp.15-16
  28. 『東京朝日新聞』昭和12年2月22日付朝刊 2面
  29. 『東京朝日新聞』1937年3月6日朝刊 2面
  30. 『東京朝日新聞』1937年3月7日夕刊 1面
  31. スノー 1964 著者序言pp.10-11

関連項目

参考文献

  • 小倉章宏『三中全会の結末と日支関係の新展開』東京パンフレット通信社 1937年3月6日発行
  • エドガー・スノー著、小野田耕三郎、都留信夫訳『中共雑記』未來社 1964年発行

外部リンク