操作

藤原鎌足

ふじわらのかまたり

[生] 推古22(614)
[没] 天智8(669).10.16.

大化改新の推進者。一名,鎌子。本姓は中臣。御食子 (みけこ) の長子。皇極3 (644) 年神祇伯に任じられたが,病と称して出仕せず,翌年中大兄皇子,軽皇子 (かるのみこ) らとはかって蘇我蝦夷,入鹿父子を誅し,大化改新を断行。孝徳天皇 (軽皇子) 即位後,内臣 (うちつおみ) となり,大錦冠を授けられて改新の諸政を推進。白雉5 (654) 年紫冠を授けられ,天智7 (668) 年に制定された『近江令』 (22巻) の編纂を主宰,翌年病にかかり,臨終に際して大織冠,内大臣,藤原姓を賜わり藤原氏の祖となった。