actions

草垣群島

草垣群島
地理
場所 東シナ海
座標 東経129度25分57秒北緯30.84667度 東経129.4325度30.84667; 129.4325
島数 17
主要な島 上ノ島、下ノ島、中ノ島、南小島
面積 0.68 km2 (0.26 sq mi)
最高標高 151 m (495 ft)
最高峰 下ノ島
行政
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 南さつま市市旗 南さつま市
大字・字 笠沙町片浦

草垣群島(くさがきぐんとう)は枕崎市の南西沖約90km、東シナ海に位置する無人島群。鹿児島県南さつま市(旧笠沙町)に属する。縄文時代から古墳時代に至る遺跡がある。

概要

45kmほど東方沖に黒島が、35kmほど北方沖に宇治群島がある。

主な島々

17の島々からなる。

  • 上ノ島:周囲約4km、標高130m、面積0.05km2。国指定草垣鳥獣保護区の特別保護地区に指定されている。
  • 下ノ島
  • 中ノ島
  • 南小島

交通

遺跡

1971年(昭和46年)、上ノ島は草垣島灯台(1932年(昭和7年)初点灯)のヘリポート建設時に発掘が行われ、縄文時代から古墳時代に至る土器片や 石斧石鏃などの石器類、その原料となる黒曜石・石英、須恵器の破片や耳飾りなどの軟玉製品が出土している。

歴史

戦前まではカツオ漁の漁師による季節定住が見られ、また燐鉱石が発掘されたこともあった。戦後は上ノ島の草垣島灯台に職員が駐在していたこともあったが、現在は無人化している。

関連項目

外部リンク

座標: 東経129度25分50.3秒北緯30.845111度 東経129.430639度30.845111; 129.430639 (草垣群島)