操作

聖母大学

テンプレート:大学 (廃止)

カトリック教会の女子修道会である「マリアの宣教者フランシスコ修道会」によって創設された。上智大学総合人間科学部看護学科の前身。

沿革

  • 1948年4月 - 聖母厚生女子学院創立。
  • 1950年4月 - 聖母女子短期大学開学。
  • 2004年4月 - 聖母大学設立。聖母女子短期大学募集停止。
  • 2005年4月 - 看護師養成所の聖母看護学校(通信制)が開校。
  • 2007年4月 - 大学院看護学研究科が設立。
  • 2010年4月 - 助産学専攻科が設立。
  • 2011年4月 - 設置者の学校法人聖母学園が学校法人上智学院と合併。聖母大学も上智大学への合併が決まり、同年度以降の学生募集を停止。
  • 2012年3月 - 聖母大学大学院が閉学する。
  • 2014年3月 - 聖母大学閉学。
  • 2014年4月 - 文部科学省に廃止認可申請。
  • 2014年6月 - 廃止が認可される。

学部

ファイル:Seibo hospital nakaochiai shinjuku.JPG
聖母病院・道路を挟んだ反対側にある

大学院

  • 修士課程
    • 看護学研究科

専攻科

  • 助産学専攻科(1年制)

上智学院との合併

2011年4月、聖母大学の設置者であった学校法人聖母学園は、同じカトリック系列の学校法人上智学院と合併し、解散した。聖母大学も上智大学に吸収合併されることが決まり、同年度以降の学部・大学院募集を停止した。同年4月には大学敷地・施設を受け継ぐ形で上智大学総合人間科学部看護学科および大学院総合人間科学研究科看護専攻が開設され、聖母大学は最後に入学した2010年度生が全員卒業する2014年3月での廃止が決定[1]

2014年3月30日、最後の卒業生を送り出すとともに閉学式を実施[2]。4月10日、文部科学省に廃止認可申請を届出。6月30日に認可された[3]

系列校

  • 聖母看護学校(通信制)

出典・脚注

外部リンク