actions

終末期古墳

終末期古墳(しゅうまつきこふん)は、古墳時代末から飛鳥時代にかけての7世紀頃の古墳を指す。森浩一によって最初に提唱された古墳の区分であり[1]、この時代を古墳時代に含むとする考え方と含まないとする考え方がある。終末期古墳としては、千葉県栄町龍角寺岩屋古墳山武市駄ノ塚古墳奈良県明日香村キトラ古墳高松塚古墳などが、特に有名である。

概要

6世紀末には前方後円墳築造の時代が終焉を迎えるという大きな変化があり[2]、それ以降律令制に向かう段階で造営されたのが終末期古墳である。終末期古墳と認識されるようになるまでは、終末古墳、晩期古墳、飛鳥時代古墳などと呼ばれ、7世紀代の古墳の中でも特殊なものと捉えられていたが、高松塚古墳の調査を契機として終末期古墳として認識され始めた[3][4]

墳形

墳形には、円墳方墳八角墳上円下方墳などがある。天皇陵に限っては、前方後円形から大型方墳に変わり、次に八角墳が採用されることになる。そして八角墳には、すべて八角形のものと上八角下方墳の2つのタイプがある。

埋葬施設・副葬品

埋葬施設には、横穴式石室横穴のほかに、各種の横口式石槨、木炭槨などがあり、には木棺石棺以外に乾漆棺須恵器の四注式屋根形陶棺などがある[5]。副葬品は概して少ない。銅貨銭が特色の一つである。

代表的な終末期の古墳

  • 最後の前方後円墳
浅間山古墳 - 墳丘全長78メートルの前方後円墳
胡麻手台16号墳 - 墳丘全長86メートルの前方後円墳
  • 大型方墳
龍角寺岩屋古墳 - 一辺78メートル、終末期最大の方墳
駄ノ塚古墳 - 一辺62メートル、西暦610年から620年の間に造営された可能性が高い
  • 天皇陵
春日向山古墳用明天皇陵)- 63×60メートルの方墳
山田高塚古墳推古天皇陵)- 63×56メートルの方墳

各地の終末期古墳

飛鳥地域

[7]

飛鳥地域以外の近畿地方
  • 西宮古墳 - 一辺35メートルの方墳、横穴式石室
  • 峯塚古墳 - 径35メートルの円墳、横穴式石室

[8]

関東地方
備後地方

脚注

参考文献

  • 広瀬和雄 『前方後円墳の終焉』 雄山閣、2010年。ISBN 978-4-639-02156-8。
  • 河上邦彦 『大和の終末期古墳』 学生社、2005年。ISBN 978-4-311-20282-7。
  • 斉藤忠 『日本考古学辞典』 三省堂、2004年。ISBN 978-4-385-15835-8。
  • 白石太一郎 「終末期古墳」『日本考古学用語事典』 田中琢・佐原真、学生社、2002年。ISBN 978-4-311-75033-5。
  • 永原慶二監修/石上英一他編集 『岩波 日本史辞典』 岩波書店、1999年。ISBN 978-4-00-080093-8。
  • 河上邦彦 「終末期古墳」『歴史考古学大辞典』 小野正敏・佐藤信・館野和己、吉川弘文館、2007年。ISBN 978-4-642-01437-3。

関連項目