actions

細川輝経

細川 輝経(ほそかわ てるつね、生没年未詳)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将細川氏の一族で、細川奥州家当主であり、前奥州家当主である細川晴経の子。官位は陸奥守。妻は松井正之の娘(松井康之の姉)。別名、宗賢。子に昭経(あきつね、通称:久左衛門)[1]、養子に忠興

生涯

細川氏は元来、足利氏2代義兼の庶兄矢田義清の子、広沢義実の次男義季が初代である。細川奥州家は南北朝時代に宗家足利尊氏とともに活躍した細川顕氏の子孫である。輝経の名は将軍家13代将軍義輝偏諱であると、通字の組み合わせである。一族の細川藤孝(幽斎、「藤」の字は義輝の前名義藤より)の長男忠興(三斎)を養子とし、藤孝や一色藤長らと共に将軍家の近習として義輝に仕えた後、義輝の弟の義昭にも仕え、義昭が織田信長に追放された後も他の幕臣と共に義昭に従い、備後鞆の浦に下向した。

その後、養子である忠興の重臣で、輝経の義弟であった松井康之の元に客将として招かれる。関ヶ原の戦いの前には大坂細川邸にて忠興の妻を守ろうとし、丹後久美浜城の守将を務めたが、戦後西軍に内通したとして切腹させられた。

脚注

  1. 出典:こちら より。。