actions

福原京

福原京(ふくはらきょう)

平安時代末期の治承4年(1180年)、計画のみに終った和田京に続いて、平清盛の主導で造営が進められた日本の首都の通称。

概要

場所は現在の兵庫県神戸市中央区から兵庫区北部にあたり、平氏の拠点のひとつである貿易港の大輪田泊(現在の兵庫港神戸港西部)に人工島の経が島(経ヶ島)を築き整備拡張した港を見下ろす山麓にを置くことが計画された。

平清盛は、高倉上皇平家一門の反対を押し切って遷都を強行したが、それはとの貿易拡大によって海洋国家の樹立を目指したためともいわれ、都市整備が進めば平氏政権による「福原幕府」のようなものになったとも言われる。のちに福原京の建造物群は源義仲によって全て焼き払われた。

先代:
平安京
日本の首都
1180年
次代:
平安京

座標: 東経135度10分06秒北緯34.68528度 東経135.16833度34.68528; 135.16833



楽天市場検索: