操作

神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線

主要地方道
神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線
地図
神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線の位置
丸子通
東山田
中山
瀬谷
綾瀬
寒川
茅ヶ崎
主な経由地
起点 神奈川県川崎市中原区
主な
経由都市
横浜市
大和市
綾瀬市
藤沢市
終点 神奈川県茅ヶ崎市
テンプレート
ファイル:Simokawai.jpg
保土ヶ谷バイパス下川井インターチェンジ交差点(茅ヶ崎方向を望む)

神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線(かながわけんどう45ごう まるこなかやまちがさきせん)は、川崎市中原区丸子橋交差点から、港北ニュータウン厚木基地などを経て、茅ヶ崎市茅ヶ崎駅前交差点に至る、主要地方道である。神奈川県道では主要地方道山北藤野線に次いで2番目に長いが、全線を一般車両が走行可能な路線としては最長を誇る。

川崎市内と横浜市内は、通称「中原街道」である。通称の「中原街道」は神奈川県道2号東京丸子横浜線へ続く。

概要

路線データ

歴史

路線状況

横浜市都筑区佐江戸町地蔵尊前交差点 - 瀬谷区南台交差点付近までを横浜市は、環状3号線として位置づけている。

桜ヶ丘交差点の渋滞を解消するため、2009年より、大和市と横浜市の境にあたる「境川」(新道大橋)から国道467号の桜ヶ丘交差点を越え、市道福田相模原線の「新道下」交差点までの区間の4車線化整備事業が行われている(当面桜ヶ丘交差点まで)。この区間内の桜ヶ丘1号踏切を立体化、または国道467号から市道福田相模原線までを連続立体化にする構想がある。しかし沿道の民家の一部が退去しない為に2016年(平成28年)現在も用地確保のみで未着手である。

通称

重複区間

地理

通過する自治体

交差する道路

脚注

関連項目

外部リンク