actions

石狩平野

石狩川と三日月湖周辺に広がる農地.北海道美唄市.jpg

石狩平野(いしかりへいや)

北海道中西部,石狩川の中流から下流に広がる平野。面積約 4000km2。石狩振興局,空知総合振興局の所管区域にまたがる北海道第1の広い平野で,石狩川とその支流の夕張川千歳川豊平川などの沖積平野とそれらの上流域の扇状地からなる。東側は南北に通る夕張山地に接し,南側は 24mほどの分水嶺で勇払平野に続き,南西部は手稲山から樽前山にいたる火山帯の山麓部で区切られる。古い石狩平野の海岸線はかつて銭函,札幌,江別,当別を結ぶ線であったが,石狩川の運搬した土砂が石狩湾の沿岸流によって海岸部にかぎって堆積したため平野が拡大したものとみられる。札幌市北部の数条の浜堤列(浜堤)は石狩平野の生成の記録。蛇行の激しい石狩川はしばしば氾濫して,自然堤防三日月湖谷地と呼ばれる後背湿地などが発達。低湿地では湿原植物の遺骸や樽前山,恵庭山,有珠山など諸火山の噴出物を含んだ土壌が泥炭地を形成し,排水困難な悪土として知られる。1875年最初の屯田兵村が札幌郊外の琴似地区,山鼻地区に設置されて以来,開拓民はこの泥炭地開発に取り組み,イネ,タマネギ,ゆり根などを栽培した。1920年頃から石狩川の治水事業とともに排水,灌漑,客土など土地改良を含む総合開発事業が行なわれた。その結果秩父(ちっぷ),美唄,篠津,幌向(ほろむい),生振(おやふる)などの大原野が水田地帯に生まれ変わった。第2次世界大戦後も開発事業は継続され,今日では北海道の水田面積の約半分を占める。100万都市札幌市のほか,江別市,岩見沢市,美唄市,砂川市など中小都市も十余を数える。北海道の政治,経済,文化の中心地域をなす。



楽天市場検索: