actions

白山一里野温泉


白山一里野温泉(はくさんいちりのおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉中宮温泉とあわせて白山温泉郷とも呼べるが、距離的な面からして一般的とはいえない。周辺は石川県の白山一里野県立自然公園に指定されている。

泉質

温泉街

白山白川郷ホワイトロードの入り口にあり、スキー場がある。豊富で高温の源泉があるが、遊興的温泉街要素は少ない。 中宮温泉は冬季に閉鎖されるが、一里野温泉は冬季も営業している。 日帰り温泉施設としては「温泉センター天領」がある。(屋内プールも完備)

歴史

1973年源泉開発が実施された。1974年手取川ダムが完成した後の過疎対策としての源泉開発である。

一帯は、昭和36年4月1日厚生省告示第73号により「白山温泉郷」として国民保養温泉地に指定されており、白山一里野温泉も開湯後にこの一部に加わる。(この「白山温泉郷」はあくまで指定する際の名称であり、実態として白山温泉郷が形成されていたわけではない。)

アクセス

JR北陸本線金沢駅、もしくは北陸鉄道石川総線鶴来駅より加賀白山バス白峰、瀬女方面行き乗車、「瀬女」バス停で下車し、白山市コミュニティバスめぐーる尾口ルートに乗りかえ、白山一里野下車。 めぐーるの尾口ルートには事前予約がないと運行しない便が存在するので注意が必要。

関連項目

外部リンク