操作

テンプレート:Infobox Buddhist term 仏教用語(ち、痴)は、パーリ語およびサンスクリット語のMoha(モハ)に由来する、苦痛や毒を示す概念であり、「妄想、混乱、鈍さ」を指す。[1][2][3]。時には無明(Avidyā )と同義である[1]。別名を愚癡(ぐち、愚痴)、我癡、また無明ともいう。

癡は(ラガ、貪欲、官能への愛着)、(しん,自己愛憤怒)と共に、不毛なタンハー(渇望)につながる要素(三毒、三不善根)だとされて、それは生命の輪である十二因縁の一部となっている[1][4]。そのシンボルはであり、チベットの六道仏画では中心に描かれている[5]

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 (2013) The Princeton Dictionary of Buddhism. Princeton University Press, 546, 59, 68. ISBN 978-1-4008-4805-8. 
  2. (1921) Pali-English Dictionary. Motilal Banarsidass. ISBN 978-81-208-1144-7. 
  3. Damien Keown (2004). A Dictionary of Buddhism. Oxford University Press, 8, 47, 143. ISBN 978-0-19-157917-2. 
  4. David Webster (2005). The Philosophy of Desire in the Buddhist Pali Canon. Routledge, 100–105, 177, 236. ISBN 978-0-415-34652-8. 
  5. David Loy (2003). The Great Awakening: A Buddhist Social Theory. Simon and Schuster, 28. ISBN 978-0-86171-366-0. 

関連項目

テンプレート:Buddhism-stub テンプレート:心所