操作

田沢温泉

Hot springs 001.svg.png田沢温泉
温泉情報
所在地 長野県小県郡青木村
交通 鉄道:北陸新幹線しなの鉄道 上田駅より上田交通バス青木行きに乗車、約30分で終点へ。その後田沢温泉行きの青木村営バスに乗り換えて約5分
泉質 硫黄泉
泉温(摂氏 41 ℃
宿泊施設数 5
テンプレートを表示

田沢温泉(たざわおんせん)は、長野県小県郡青木村(旧国信濃国)にある温泉

泉質

子宝の湯とも、母乳の出が良くなるとも言われる。ぬるいお湯で、旅館によっては浴用加熱しているが、共同浴場ではそのままで利用している。長時間入浴する人が多い。

温泉街

十観山東側に温泉地が存在する。

石畳の道や、その両側に並ぶ木造建築の旅館など、鄙びた雰囲気の温泉地である。歓楽色はほとんどない。街中には湯川のせせらぎが流れる。

旅館は5軒存在する。

共同浴場は1軒、「有乳湯」(うちゆ)が存在する。また、「くつろぎの湯」という村営の日帰り入浴施設も存在する。

映画卓球温泉」の舞台となった旅館は当地の「ますや旅館」である。ただし、温泉街の撮影は近隣の別所温泉で行われた。

歴史

開湯は飛鳥時代とも奈良時代とも言われ、当地で坂田金時が生まれたとの伝説も残る。

島崎藤村は当地の「ますや旅館」に逗留し、「千曲川のスケッチ」の一節「山の温泉」を着想した。藤村が滞在した部屋は同旅館に現存する。

1970年3月24日 - 厚生省告示第60号により、沓掛温泉とともに国民保養温泉地に指定。

共同浴場は2000年6月に改装された。

アクセス

関連項目

外部リンク