actions

田中龍夫



田中 龍夫(たなか たつお、1910年9月20日 - 1998年3月30日)は、日本政治家男爵正三位勲一等首相を務めた田中義一の長男。

戦後間もなく貴族院議員山口県知事を務め、のち自由民主党に所属し衆議院議員通商産業大臣文部大臣を歴任。福田派の幹部として重きをなし、岸派以来の福田赳夫側近として行動を共にした。また長らく「日本海外移住家族会連合会」の会長を務め、世界各地の日系移民とその家族の支援に尽力した。

略歴

家族

  • 父・田中義一
  • 母・壽天(すて、1874-1937) - 大築尚志六女
  • 妻・田中節子(1914-?) - 高橋勇次女。
  • 子・田中素夫(日本製鋼社員)、田中卓次、鷹崎由美子(俳人、東京後援会河村建夫を育てる会会長)

参考文献

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目

出典

  1. 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。
  2. 焦土――土地の買収で再出発 恩人久原房之助氏が助言”. 日経スタイル (2014年4月10日). . 2018閲覧.
  3. 第66回 安藤百福(その二)留置場の飯の不味さ、終戦時の街角―「食足世平」の理念に至った原体験”. 現代ビジネス (2014年2月15日). . 2018閲覧.

外部リンク


公職
先代:
谷垣専一
日本の旗 文部大臣
第102代:1980年 - 1981年
次代:
小川平二
先代:
河本敏夫
日本の旗 通商産業大臣
第37代:1976年 - 1977年
次代:
河本敏夫
先代:
塚原俊郎
日本の旗 総理府総務長官
第18代:1967年 - 1968年
次代:
床次徳二
先代:
北沢直吉
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1957年 - 1958年
次代:
松本俊一
先代:
青柳一郎
山口県の旗 山口県知事
公選第1・2代:1947年 - 1953年
次代:
小澤太郎
党職
先代:
二階堂進
自由民主党総務会長
第25代:1981年 - 1982年
次代:
細田吉蔵
日本の爵位
先代:
田中義一
男爵
田中(義一)家第2代
1929年 - 1947年
次代:
華族制度廃止

テンプレート:総理府総務長官


テンプレート:内閣官房副長官 テンプレート:山口県知事