操作

瓦力

瓦 力
かわら つとむ
生年月日 (1937-04-01) 1937年4月1日
出生地 日本の旗 日本 石川県七尾市
没年月日 (2013-01-13) 2013年1月13日(75歳没)
出身校 中央大学法学部卒業
所属政党 自由民主党

日本の旗 第62-63代 防衛庁長官
内閣 小渕第2次改造内閣
第1次森内閣
在任期間 1999年10月5日 - 2000年7月4日

日本の旗 第65代 建設大臣
内閣 第2次橋本改造内閣
在任期間 1997年9月11日 - 1998年7月30日

日本の旗 第45代 防衛庁長官
内閣 竹下内閣
在任期間 1987年11月6日 - 1988年8月24日

選挙区 (旧石川2区→)
石川県第3区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 12回
在任期間 1972年12月10日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

瓦 力(かわら つとむ、旧姓:戸島、1937年(昭和12年)4月1日2013年(平成25年)1月13日)は、日本の政治家。衆議院議員(12期)、防衛庁長官(第45、62、63代)、建設大臣(第65代)、自由民主党国会対策委員長(第38代)を歴任した。

来歴・人物

石川県七尾市出身。石川県立七尾高等学校中央大学法学部卒業。

益谷秀次の秘書を経て地盤を後継。いわゆる防衛族議員とされる。岳父は元カワラ金属社長の瓦辰二。

1988年、潜水艦なだしお事件の責任をとって防衛庁長官を引責辞任する。辞任の翌日から日本中の三十数遺族すべてを線香を持って訪ね歩いた。

第44回衆院選において、党は瓦を比例単独候補とし、選挙区候補を輪島市選出の県議会議員である北村茂男とするコスタリカ方式を打診した。瓦は反発し一時無所属での出馬も検討したが、党本部による比例名簿上位の確約により受諾した。第45回衆院選への引退表明の際、石川県第3区に自身と同じ自民党から立候補した北村を「後継候補として認めない」旨発言し支援しないことを表明、さらに選挙戦中に第3区民主党新人候補の近藤和也と握手する姿を披露するなどしたため物議を醸した。

2013年1月13日午後1時30分、肺炎のため石川県七尾市の病院で死去[1]。75歳没。歿後七尾市名誉市民[2]

愛称は「りきさん」であり、公式ウェブサイトでは本名の「かわら・つとむ」ではなく、「かわら・りき」と称していた[3]

略歴

3月 - 衆議院安全保障特別委員長就任。
4月 - 衆議院武力攻撃事態への対処に関する特別委員長就任。
10月 - 衆議院国家基本政策委員長就任。
7月21日 - 第45回衆議院議員総選挙に出馬せず引退することを表明。
11月 - 平成21年秋の叙勲において旭日大綬章を受ける。

選挙歴

テンプレート:選挙経歴

関係団体

関連項目

脚注

  1. 瓦力元防衛庁長官が死去 なだしお事故で辞任共同通信2013年1月13日閲覧
  2. 七尾市名誉市民:瓦さんに称号2013年2月14日閲覧
  3. 瓦力ホームページ”. 2007年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2013閲覧.


議会
先代:
池田行彦
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
第5代:2002年 - 2004年
次代:
伊藤公介
先代:
保岡興治
日本の旗 衆議院建設委員長
1986年
次代:
村岡兼造
先代:
森美秀
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1983年 - 1984年
次代:
越智伊平
公職
先代:
栗原祐幸
野呂田芳成
日本の旗 防衛庁長官
第45代:1987年 - 1988年
第62・63代:1999年 - 2000年
次代:
田沢吉郎
虎島和夫
先代:
亀井静香
日本の旗 建設大臣
第65代:1997年 - 1998年
次代:
関谷勝嗣
先代:
加藤紘一
日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当)

1980年 - 1981年
次代:
池田行彦
党職
先代:
梶山静六
自由民主党国会対策委員長
第38代 : 1992年 - 1993年
次代:
小里貞利

テンプレート:衆議院国家基本政策委員長 テンプレート:衆議院建設委員長 テンプレート:衆議院大蔵委員長 テンプレート:衆議院安全保障特別委員長

テンプレート:防衛大臣

テンプレート:内閣官房副長官