actions

狩場山

狩場山(かりばやま)は、狩場茂津多道立自然公園に指定されていて北海道せたな町島牧村にまたがる第四紀火山である。標高は1,519.9mで一等三角点(点名「狩場岳」)の山。狩場山地の主峰で、道南の最高峰でもある。アイヌ語の「Karinpa(桜皮)us(が群生する)nupuri(山)」に由来する[1]

特徴

80万年〜25万年前に活動した安山岩質の成層火山で、開析が進むが溶岩流などの火山地形を確認することができる。

登山ルート

狩場山に登るには、以下の4コースがある。

  • 千走新道コース(4.3km) - 一般的なコース
  • 真駒内コース(8km)
  • 茂津多コース(14km)
  • 千走旧道コース(6km) - 定期的な整備が行われておらず、荒れているため注意を要する。

かつては、馬場川上流からのアプローチする、馬場川コースも存在したが、廃道と化している。

周辺の山

脚注

  1. 北道邦彦『アイヌ語地名で旅する北海道』朝日新聞社、2008年、37頁

関連項目

外部リンク