操作

烏山 (世田谷区)

日本 > 東京都 > 世田谷区 > 烏山(北烏山・南烏山)

北烏山
—  町丁  —
北烏山の位置
北烏山
北烏山の位置
座標: 東経139度36分17.8秒北緯35.6741972度 東経139.604944度35.6741972; 139.604944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 25px 世田谷区
地域 烏山地域
面積[1]
 - 計 1.947km2 (0.8mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 26,985人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 157-0061[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷
南烏山
—  町丁  —
座標: 東経139度36分4.4秒北緯35.6682694度 東経139.601222度35.6682694; 139.601222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 25px 世田谷区
地域 烏山地域
面積[1]
 - 計 1.044km2 (0.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 23,184人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 157-0062[4]

烏山(からすやま)は、東京都世田谷区の地名。現行行政地名は北烏山一丁目から北烏山九丁目と南烏山一丁目から南烏山六丁目。京王線千歳烏山駅周辺は烏山地域の商業及び行政の中心地区。また、千歳烏山駅より一駅上ると芦花公園駅

地理

南に粕谷上祖師谷、西に給田三鷹市北野、北に同市牟礼杉並区久我山、東に同区上高井戸、世田谷区八幡山に接する。

南部は甲州街道沿いの集落が起源で、北部は、主に、下記「烏山寺町」が契機である。こうしたことから北部は、「久我山」「三鷹」を称する施設が散見されるなど、千歳烏山駅周辺とは異なる特色がある。

地価

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、北烏山7-15-16の地点で34万4000円/m2となっている。[5]

歴史

地名の由来

南北朝時代から見られる地名。の群生する森があったためか、烏色とされる黒土が山状に盛り上がった地であったことからと思われる。

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

北烏山

丁目 番地 小学校 中学校
北烏山一丁目 全域 世田谷区立武蔵丘小学校 世田谷区立烏山中学校
北烏山二丁目 全域
北烏山三丁目 全域 世田谷区立烏山北小学校
北烏山四丁目 全域
北烏山五丁目 1~18番
その他 世田谷区立給田小学校
北烏山六丁目 全域 世田谷区立烏山北小学校
北烏山七丁目 全域 世田谷区立給田小学校
北烏山八丁目 全域
北烏山九丁目 全域 世田谷区立上祖師谷中学校

南烏山

丁目 番地 小学校 中学校
南烏山一丁目 全域 世田谷区立芦花小学校 世田谷区立芦花中学校
南烏山二丁目 全域
南烏山三丁目 全域 世田谷区立武蔵丘小学校 世田谷区立烏山中学校
南烏山四丁目 全域 世田谷区立烏山北小学校
南烏山五丁目 1~14番 世田谷区立芦花小学校 世田谷区立芦花中学校
その他 世田谷区立烏山小学校 世田谷区立上祖師谷中学校
南烏山六丁目 1~15番
26~38番
世田谷区立烏山北小学校 世田谷区立烏山中学校
その他 世田谷区立給田小学校 世田谷区立上祖師谷中学校

教育

保育園

小学校

中学校

高等学校

大学

特別支援学校

  • 東京都立久我山青光学園 2010年4月、それまでの東京都立久我山盲学校と東京都立青鳥特別支援学校久我山分校が統合され、日本初の視覚障害クラス・知的障害クラス併設校として設立された。

烏山寺町

北部には寺町が発達する。26の寺院が並ぶ。1923年関東大震災の後、下町浅草築地本所等)で焼け出された22の寺院が集団移転したものが始まり。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). . 2017閲覧.
  2. 郵便番号”. 日本郵便. . 2017閲覧.
  3. 市外局番の一覧”. 総務省. . 2017閲覧.
  4. 郵便番号”. 日本郵便. . 2017閲覧.
  5. 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). . 2017閲覧.

関連項目

外部リンク