操作

潮恵之輔

潮 恵之輔(うしお しげのすけ、1881年明治14年)8月11日 - 1955年昭和30年)1月9日)は、日本の内務官僚。後に内務大臣文部大臣、最後の枢密院副議長を務める。

来歴・人物

島根県出身。綿職人・潮房太郎の二男として生まれる[1]郁文館中学一高を経て、1907年東京帝国大学法科大学卒業後に内務省入省。行政法の専門家として活動、衛生局長・地方局長などを歴任した。1928年内務次官となり、田中義一内閣第2次若槻内閣で次官を務めた後に1931年貴族院勅撰議員となる(研究会所属)。翌1932年、斎藤内閣で再度内務次官を務めて文官任用令改正、選挙粛正運動などに関与した。

1936年広田弘毅内閣に内務大臣兼文部大臣として入閣した。軍部と一定の距離を持ち、党派色が薄いという理由での起用であったが、内務省内の革新官僚が内相任命反対運動を行ったため、報復として唐沢俊樹安倍源基相川勝六ら有力革新官僚の休職処分・左遷が行われた。だが、党派色排除を掲げて内務政務次官鍋島直縄、同参与官肝付兼英とともに自分と同じ貴族院議員を起用(内務次官湯沢三千男)したため、政党・軍部からも反発を受けた。

1938年枢密顧問官に転じた。戦後1946年清水澄枢密院議長昇進に伴って後任の副議長となった。日本国憲法施行と同時に枢密院が廃止、後に公職追放を受けて引退した。 

栄典・授章・授賞

位階
勲章等

親族

脚注

  1. 1.0 1.1 『日本近現代人物履歴事典』82頁。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 2.17 2.18 2.19 2.20 2.21 履歴書(3名)』 アジア歴史資料センター Ref.A06050362200 
  3. 『官報』第1407号「叙任及辞令」1931年9月5日。
  4. 『官報』第4840号「叙任及辞令」1943年3月4日。
  5. 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  6. 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  7. 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  8. 『官報』第5085号「叙任及辞令」1943年12月23日。
  9. 『人事興信録』第14版 上、ウ44頁。
  10. “潮匡人事務所”. https://web.archive.org/web/20161010191621/https://sites.google.com/site/ussy02/chao-kuang-renttekon-na-ren 

参考文献

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。


公職
先代:
杉山四五郎
河原田稼吉
日本の旗 内務次官
第32代:1928 - 1931
第35代:1932 - 1934
次代:
次田大三郎
丹羽七郎
先代:
後藤文夫
日本の旗 内務大臣
第54代:1936 - 1937
次代:
河原田稼吉
先代:
川崎卓吉
日本の旗 文部大臣
兼任
第44代:1936 - 1936
次代:
平生釟三郎
先代:
清水澄
日本の旗 枢密院副議長
第16代:1946 - 1947
次代:
廃止