actions

滝上町

滝上町(たきのうえちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内の北部に位置し、上川管内に接する。町名は、ポンカムイコタン(地名)の滝の上にあることに由来する。

滝上公園のシバザクラ(10万平方メートル=甲子園の7倍の広さ)も有名。見頃は5月下旬から6月上旬にかけて。

童話村としての町おこしもすすめている。

地形

東以外の三方を山に囲まれた地形。隣接する紋別市以外の市町村は境界が山中になる。

  • 山: ウエンシリ岳(1142m)、北見富士(1306m)、天塩岳(1558m、郷土富士
  • 川: 渚滑川、サクルー川、オシラネップ川

気候

滝上町
雨温図説明
123456789101112
 
 
52
 
-4
-15
 
 
36
 
-3
-16
 
 
46
 
1
-10
 
 
50
 
9
-2
 
 
54
 
16
3
 
 
60
 
20
8
 
 
98
 
23
13
 
 
113
 
25
15
 
 
129
 
20
9
 
 
90
 
14
3
 
 
74
 
5
-3
 
 
63
 
-1
-9
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

年間降水量は879.6mmと少ない。冬の寒さは非常に厳しく、流氷の影響で2月に最も寒くなる。

歴史

経済

農林水産業

基幹産業は林業

このほか酪農、畑作も行われる。

かつてはハッカの産地。現在はわずか10ヘクタールほどのでしか作られていないが、ほかに栽培している地区がないために、全国生産量の95%を産す。

農協

金融機関

郵便局

  • 滝上郵便局(集配局)
  • 濁川郵便局
  • 滝西郵便局

発電所

公共機関

警察

教育機関

姉妹都市・提携都市

人口

滝上町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[2]

  • 滝上町 - 上雄柏,拓雄,雄背牛

交通

空港

鉄道

かつては渚滑線が通っていたが、1985年昭和60年)3月廃線になっている。北紋バス代替バス路線を運行。

バス

ファイル:Hokumon bus Takinoue01.JPG
北紋バス滝上営業所

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

観光

  • 浮島湿原
  • 香りの里 ハーブガーデン
  • 錦仙峡
  • 滝上公園 (シバザクラ)

祭事

  • 芝ざくらまつり 5月〜6月

出身有名人

電話番号

日本で最後まで、固定電話等の市外局番が5桁「(0)15829」(0は市外局番の一部ではないので5桁となる)で市内局番がない地域だったが、2006年平成18年)3月1日に同じ単位料金区域内の紋別市の市外局番「(0)1582」と統合され「(0)158」となった。これにより町内にも初めて市内局番「29」がつけられ、全国すべて市内局番がつけられるようになった。

脚注

外部リンク