操作

添下郡



ファイル:Nara Soejimo-gun.png
奈良県添下郡の範囲

添下郡(そえじもぐん)は、奈良県大和国)にあった

郡域

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 奈良市の一部(概ね佐保台、佐紀町、二条大路南二丁目、三条大路二丁目、四条大路二丁目、尼辻町、柏木町、七条町[1]以西)
  • 大和郡山市の一部(野垣内町、高田町、本庄町、杉町、番条町、伊豆七条町、筒井町、北西町、小林町、小林町西、小泉町東、小泉町より北西)
  • 生駒市の一部(概ね南田原町、あすか野北、あすか野南以北)

歴史

古代

元は「曾布(そふ)」あるいは「層富(そほ)」という地名であったが、これに「添(そふ)」の字が宛てられ、2つに分けて添上郡・添下郡となった。近世までは「そふのしものこおり」と呼ばれた。

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 村国郷
  • 佐紀郷
  • 矢田郷
  • 鳥貝郷(止利加比)

式内社

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

テンプレート:大和国添下郡の式内社一覧
神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
凡例を表示

近世

旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は村内に寺社除地[2]が存在。(1町66村)

知行 村数 村名
幕府領 旗本領 2村 ○北田原村、○南田原村
藩領 大和郡山藩 1町
47村
○柳町村、○野垣内村、小和田村、大向村、○木島村、石堂村、城村[3]、○興福院村、○斎音寺村、○歌姫村、○山陵村、○常福寺村、○門外村、新超昇寺村、古超昇寺村、○上村、○二名村、○三碓村、新村、○山田村、○秋篠村、●○五条村、九条村、○観音寺村、○高田村、天井村、○新木村、本庄村、○番条村、伊豆七条村、杉村、豊浦村、○七条村、○六条村、○宝来村、横領村、○超昇寺村、疋田村、南新村、北新村、中村[4]、○押熊村、○鹿畑村、○高山村[5]、外川村、○矢田村、○中山村、郡山町[6]
大和小泉藩 7村 小南村、小林村、西村、田中村、○筒井村、○万願寺村、池之内村
郡山藩・小泉藩 1村 ○小泉村
幕府領・藩領 旗本領・郡山藩 2村 ○平松村[7]、丹後庄村[8]
その他 寺社領 7村 ○野神村[9]、西大寺村[9]、青野村[9]、○菅原村[10]、○砂村[11]、○芝村[11]、○脇寺村[11]

近代

  • 慶応4年
  • 明治4年
  • 明治初年 - 城村が分割されて西城村・東城村となる。(1町67村)
  • 明治8年(1875年)(1町67村)
    • 小南村の一部が分立して南井村となる。
    • 田中村の一部が分立して西田中村となる。
    • 野神村・芝村が西大寺村に合併。
  • 明治9年(1876年)(1町61村)
    • 4月18日 - 第2次府県統合により堺県の管轄となる。
    • 旧・郡山城三の丸および城南部の旧武家敷地より南郡山村が、郡山城内および城北の旧武家敷地より北郡山村がそれぞれ起立。
    • 小和田村・大向村が合併して大和田村となる。
    • 木島村・石堂村が合併して石木村となる。
    • 西城村・東城村が合併して城村となる。
    • 常福寺村・門外村・新超昇寺村・古超昇寺村・超昇寺村が合併して佐紀村となる。
    • このころ脇寺村が中村に合併。
  • 明治13年(1880年4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての添下郡が発足。添上郡奈良町に「奈良郡役所」が設置され、同郡および山辺郡広瀬郡平群郡とともに管轄したが、まもなく「添上添下山辺広瀬平群郡役所」に改称。
  • 明治14年(1881年2月7日 - 大阪府の管轄となる。
  • 明治17年(1884年) - 九条村が郡山町の一部(何和町・平野町)を合併。
  • 明治20年(1887年11月4日 - 奈良県(第2次)の管轄となる。
  • 明治21年(1888年) - 興福院村・斎音寺村が合併して尼辻村となる。(1町60村)
ファイル:Nara Ikoma-gun 1889.png
1.郡山町 2.筒井村 3.片桐村 4.矢田村 5.北倭村 6.富雄村 7.平城村 8.伏見村 9.都跡村(紫:奈良市 桃:大和郡山市 赤:生駒市 11 - 20は平群郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(1町8村)
    • 郡山町 ← 郡山町[12]、観音寺村、野垣内村、柳町村、高田村、南郡山村、新木村、北郡山村、九条村(現・大和郡山市)
    • 筒井村 ← 本庄村、天井村、筒井村、丹後庄村、杉村(現・大和郡山市) 
    • 片桐村 ← 小泉村、西田中村、万願寺村、池之内村、田中村、小南村、小林村、西村、南井村、豊浦村(現・大和郡山市)
    • 矢田村 ← 矢田村、城村、外川村、山田村、新村(現・大和郡山市)
    • 北倭村 ← 高山村、鹿畑村、上村、南田原村、北田原村(現・生駒市)
    • 富雄村 ← 二名村、三碓村、中村、大和田村、石木村(現・奈良市)
    • 平城村 ← 押熊村、中山村、歌姫村、山陵村、秋篠村(現・奈良市)
    • 伏見村 ← 西大寺村、青野村、宝来村、疋田村、平松村、菅原村(現・奈良市)
    • 都跡村 ← 佐紀村、尼辻村、北新村、横領村、南新村、五条村、六条村、砂村、七条村(現・奈良市)
    • 番条村・伊豆七条村が添上郡治道村の一部となる。
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行のため、添下郡・平群郡の区域をもって生駒郡が発足。同日添下郡廃止。

脚注

  1. 奈良市街の住居表示実施地区については不詳。概ね佐保川以西とみられる。
  2. 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. 西城村・東城村に分かれて記載。
  4. 記載は藤木中村。
  5. ○高山東村・○高山西村に分かれて記載。
  6. 郡山各町の総称。本項では便宜的に1町に数える。
  7. 旗本領・寺社除地は後に郡山県が管轄。
  8. 旗本領は後に奈良県が管轄。
  9. 9.0 9.1 9.2 後に郡山県が管轄。
  10. 寺社領の一部は後に奈良県が、寺社除地および寺社領の残部は後に郡山県が管轄。
  11. 11.0 11.1 11.2 後に奈良県が管轄。
  12. この時点では今井町、堺町、塩町、魚町、中鍛冶町、北鍛冶町、観音寺町、野垣内町、南鍛冶町、本町、新中町、藺町、奈良町、雑穀町、茶町、綿町、柳町一丁目、柳町二丁目、柳町三丁目、柳町四丁目、柳町五丁目、柳町六丁目、柳裏町、北大工町、南大工町、洞泉寺町、矢田町、新紺屋町、高田町、材木町、豆腐町、紺屋町、車町、東岡町、西岡町、西奈良口町、東奈良口町が存在。

参考文献

関連項目

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
生駒郡