操作

泉中央副都心

泉中央副都心(いずみちゅうおうふくとしん)とは、仙台市副都心の1つで、かつ、同市泉区の中心部のこと。仙台市都心部から見て北に位置し、泉中央駅を中心として広がる。

JR仙台駅から泉中央交差点泉中央通り泉ヶ岳通りの交差点)まで一般道経由で北に7.4km(15分)[1]仙台市地下鉄南北線仙台駅から泉中央駅まで約8.5km(15分)の距離である。


概要

泉中央副都心は、20世紀七北田川河岸段丘に計画的に造成された仙台市の副都心である。

開発としての定義では、旧泉市が計画した泉土地区画整理事業による造成地のことで、対象面積101.08ha、総事業費68億円余で、1980年昭和55年)に着工した。対象地域は元々、旧七北田宿(旧泉市中心部)の西側に広がっていた棚田地域(水源は将監沼など)で、現在は商業・業務地域となっている。また、ユアテックスタジアム仙台ベガルタ仙台の試合がある日には、人通りや渋滞が激しくなる地区である。

地下鉄では泉中央駅、自動車では泉中央通り泉ヶ岳通りが交差する泉中央交差点、バスでは泉中央駅バスプールが滞留地となっている。河岸段丘の高低差を利用したペデストリアンデッキや歩道によって歩車分離がされており、旧七北田宿との間は歩行者専用道路すいせん通り[2]で繋がれる。なお、ペデストリアンデッキの階段や地下鉄の出入口付近にはロードヒーティングが施されているため、降雪があっても積雪せずに融けるようになっている[3][4]

ファイル:Nanakitakoen-sendai1.jpg
七北田公園の芝生広場越しに見たミルポートSの鏡の球体
ファイル:Izumi-Chūō Night.jpg
泉中央駅ペデストリアンデッキの階段の天蓋になっている、噴水付きのガラスのピラミッド

なお、泉中央の公共の建造物は、当時の建築の最先端だったパリグランプロジェの建物からの意匠借用が多いことで知られる。例えば、ミルポートSはラ・ヴィレット公園ラ・ジェオード(鏡の球体)、ペデストリアンデッキなどにあるのガラスのピラミッドルーヴル美術館の中庭を模している。

地形

泉中央は、北側の富谷丘陵から出る樹枝状の丘陵(将監団地などがある)と、南側の七北田丘陵の間に挟まれた、東流する七北田川沿いの北側河岸段丘にある。

川に最も近い段丘面には七北田公園があり、堤防のすぐ後ろの後背湿地には池や噴水、その1つ上の段丘面に芝生公園やユアテックスタジアム仙台のグラウンド、さらに1つ上の段丘面に諸施設と公園入口がある。

その1つ上の段丘面から商業施設・オフィスビルマンションなどに利用されている。この段丘面にユアスタ入口・泉警察署泉中央駅バスターミナルセルバなどがある。さらに1つ上の段丘面にアリオ仙台泉や泉区役所があり、さらにいくつかの段丘面があって将監団地で頂上になる。

このような河岸段丘の高低を利用して、地下鉄は七北田川を渡河して段丘崖から進入し、七北田公園の芝生広場程度の高さの地下で泉中央駅舎となっている。また、バスターミナルの上にあるペデストリアンデッキは、バスターミナルと同じ段丘面にあるセルバでは2階に繋がるが、その北側の1つ上の段丘面にあるイトーヨーカドーには1階で繋がるなど、高低差を利用して巧みに歩車分離した動線が設定されている。

なお、七北田川南側の河岸段丘には八乙女駅および周辺商業地があり、泉中央駅周辺と一体的な商業地を形成しているが、「泉中央副都心」には含めない場合もある。

交通

仙台都市圏・北部エリアの玄関口となる地下鉄南北線泉中央駅は、仙台駅に次ぐ利用者を誇るターミナル駅となっている。周辺では、朝夕を中心に慢性的な道路渋滞が発生する。

歴史

泉市の中心部は、江戸時代仙台城下町から奥州街道を下って最初にある宿駅七北田宿」を基礎に発展した。昭和40年代までは、江戸時代の旧宿場町街村の範囲に加えてその東側のかつての田圃が市街地化したが、のちに泉中央副都心となる西側は田圃のままだった。

1977年(昭和52年)に西側の田圃の中に泉市役所(現・泉区役所)が移転し、1980年(昭和55年)からは区画整理が始まった。1990年代になると、仙台市との合併の際のバーターで多額の公共投資がなされ、急激に発展していく。ただし、1992年(平成4年)の仙台市営地下鉄南北線泉中央駅開業時に至ってもまだ平面利用のロードサイド店舗がほとんどを占めており、仙台北部のベッドタウン住民が自動車でアクセスをするショッピングゾーンであった。買物客の流入増に従って、土地を求めて区画整理事業の外の地域、特に泉ヶ岳通り沿いの東の市名坂方面に向かってロードサイド店舗が張り付き、国道4号仙台バイパス沿道や南の八乙女駅周辺を含めた広い範囲が「泉中央」あるいは「泉」という商圏を形成した。このとき出来たロードサイド店舗は、従来より大きな駐車場を併設したため、都心部と泉中央と結ぶ県道仙台泉線沿いにあった従来型の小規模な駐車場併設のロードサイド店舗は営業不振に陥り、一方で泉はロードサイド商業のメッカになった。

一方、1991年平成3年)の将監トンネル開通[5]により、泉中央駅より北に位置する富谷町(現・富谷市)などからのアクセスが容易になり、富谷町の人口の急激な増加と相まって、仙台市都心部へ通勤・通学する者が泉中央駅バスプールで乗り換えるようになると、人の滞留が起きるようになり、少しずつ徒歩でショッピングするゾーンに変化が始まった。1997年平成9年)に仙台スタジアムが完成し、のちのベガルタ仙台がホームスタジアムとして使用するようになると、仙台の顔の1つである街になってきた。

泉中央駅周辺の渋滞や富谷町の更なる人口増により、ロードサイド店舗の立地の中心は将監がある丘陵の北側、すなわち、要害川(七北田川支流)沿いの国道4号が通る谷底平野へと移り、さらに両脇河岸段丘から尾根を越えて富谷町へと広がって、より巨大な駐車場を備えるようになった。一方の泉中央は、周辺にマンションが林立するようになったこともあって、徒歩移動者が増加し、店舗も必ずしも広い駐車場を設置せず、4-5階建てのビルも増え、泉中央駅の西側に飲み屋街も成立している。

泉中央副都心の造成
300px 300px
1975年(昭和50年)撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
写真左下から右上に通る旧・奥州街道沿いの、七北田川より北側の河岸段丘上に旧「七北田宿」を基礎にする泉市中心部(当時)がある。なお、この写真の撮影年に旧・奥州街道の旧「七北田宿」内区間は、国道4号から県道仙台泉線に降格した(現在は市道七北田幹線1号線[6]に更に降格)
1984年(昭和59年)撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
のちに泉中央副都心となる旧「七北田宿」の西側田圃が造成され、かむり大橋が開通している。七北田川の南側では、県道仙台北環状線が一部供用開始され、七北田川の支流の高柳川が改修され、地下鉄南北線八乙女駅が建設中である様子が見える。

年表

イベント

主な建物・施設

公共施設等

主な道路・広場

  • すいせん通り(旧・泉市(現・泉区)の市花[9]より)
  • 泉区民広場
  • 泉中央広場
    • エスカルゴ広場(泉中央広場の一部)[10]

泉中央に本社を置く主な企業

金融機関等

脚注

  1. MapFan Webのルートマップによる数値。
  2. 区内初の防犯ロードが誕生しました(仙台市泉区)
  3. 40 : ◯道路維持課長(仙台市議会 2004年11月19日:都市整備建設協議会 本文)
  4. 227 : ◯交通事業管理者(仙台市議会 2001年10月2日:平成12年度 決算等審査特別委員会(第9日目) 本文)
  5. 5.0 5.1 5.2 建設局主要事業等年表(仙台市)
  6. 仙台市道泉3018号・七北田幹線1号線
  7. 7.0 7.1 7.2 泉なつかし写真館―第10回 泉中央(仙台市泉区)
  8. 道路の愛称 (PDF) (仙台市)
  9. 泉区の木・花・鳥(仙台市泉区)
  10. 住友商事など、「仙台泉中央駅前78街区プロジェクト」の商業施設の名称が「セルバテラス」に決定(日経プレスリリース 2016年2月22日)

関連項目

外部リンク