actions

河原崎長一郎

河原崎 長一郎(かわらさき ちょういちろう、本名;河原崎 統一<かわらざき とういち>(同じ説あり[1])、1939年1月11日[1] - 2003年9月19日)は、日本俳優

四代目河原崎長十郎の長男。妻は伊藤榮子。弟は河原崎次郎河原崎建三岩下志麻はいとこ(母親が姉妹関係)。親族や友人、仕事仲間たちからは「長さん」と呼ばれ親しまれていた。

人物・来歴

東京府東京都)出身[1]東京都立武蔵高等学校卒業、早稲田大学中退[1]

幼少の頃より舞台に立っており、大学在学中に東映と契約する。

1963年の『五番町夕霧楼』で佐久間良子演じる主人公と心を通わせる若い僧役が高評価を受ける。

40代頃からは「日本の良き優しい父親像」を多く演じ、ホームドラマに欠かせない存在となった(ホームドラマが全盛期だったことが要因)。

糖尿病の持病があり、一時病状が小康を得た頃に『花の咲く家』にて昼ドラとしては例外的に主役を務めた(第3部)。

1990年代後半からは脳血管障害(脳梗塞)も患い、療養生活を送ることになる。

2003年9月19日、急性心不全のため64歳で死去。何度か共演経験がある千葉真一は「素晴らしい俳優さんだと思った。彼の分もきっちりとした映画を伝えていきたい」と肩を落としながら偲んだ[2]

妻とは「おしどり夫婦」として知られていた。

特技は日本舞踊[1]乗馬[1]独立企画に所属していた[1]

出演

映画

テレビドラマ


脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、54。
  2. “千葉 & 松方「座頭市」を斬る” (日本語). 読売新聞. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2003年9月20日). オリジナル2003年12月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/NThSb . 2003閲覧. 

関連項目

外部リンク