actions

毛利匡満

毛利 匡満(もうり まさみつ、延享5年3月12日1748年4月9日)- 明和6年8月13日1769年9月12日))は、長門長府藩の第9代藩主。

第8代藩主・毛利匡敬(のちの毛利重就)の長男。母は側室・飯田存直の娘・練心院。正室は溝口直温の娘・麗章院。官位は従五位下。能登守。幼名は文之助。

経歴

長府にて生まれる。宝暦元年(1751年)5月3日、父が本家長州藩の藩主となったために4歳で長府藩主となった。宝暦11年(1761年)12月に叙任する。「明和御条目」などによる藩法制定などをはじめとする藩政改革に尽力したが、明和6年(1769年)8月13日に22歳で若死にした。嗣子はなく、跡を弟の匡芳が継いだ。法号は浄雲院殿宝山有道大居士。墓所は下関市長府の功山寺東京都港区高輪泉岳寺

テンプレート:長府藩主