actions

毛利元功

毛利 元功 (もうり もといさ、嘉永4年4月3日1851年5月3日〕 - 明治33年〔1900年8月8日)は、周防徳山毛利家の第10代当主。父は長府藩主・毛利元運(元功は八男)。兄に元敏、姉に毛利宗家に入り萩藩主・毛利元徳の正室、また夫婦で毛利敬親の養子となった安子(銀姫)。養父は徳山藩第9代藩主・毛利元蕃。妻は有馬道純の娘。子に元秀秋元春朝秋元興朝養子)、宍戸功男忠礼、波子(立見豊丸室)、政子(鍋島直縄室)、艶(細川利寿室)。幼名は平六郎。初めは就右と名乗る。官位従五位下大和守。のち位階勲等従三位勲三等に至る。

生涯

栄典

脚注

  1. 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  2. 『官報』第5128号「叙任及辞令」1900年8月6日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
徳山毛利家初代
1884年 - 1900年
次代:
毛利元秀