actions

橘花屯倉

橘花屯倉(たちばなのみやけ)は、古墳時代无邪志国无邪志国造が支配した国)にあった屯倉。のちの律令制における武蔵国橘樹郡御宅郷付近にあった。

日本書紀』によれば、笠原使主が同族の小杵と武蔵国造の地位を争った安閑天皇元年(534年)閏12月の武蔵国造の乱において、大和朝廷と結び武蔵国造と認められた使主は、上毛野小熊と組んだ同族の小杵に勝利した。なので使主はその事に対する代償として朝廷に当屯倉と横渟屯倉多氷屯倉倉樔屯倉を献上したという(詳細は武蔵国造の乱を参照)[1]

脚註

  1. 『日本書紀』卷第十八 安閑天皇元年(534年)閏12月の条

参考文献

  • 小島憲之 他 著 『日本書紀 2(新編日本古典文学全集 3)』 小学館 1996年 ISBN 4-09-658003-1

関連項目

外部リンク