actions

極位極官

極位極官(きょくいきょっかん、ごくいごっかん)は、人物が受けた叙任の中で最高の官位を指す。最高の位階極位、最高の官職極官と呼ぶが、極官の一語で極位極官を表す場合も多い。

律令制においては、最高の官職を指して極官と呼ばれることがある。制度上は太政大臣がそれに相当するが、平安時代中期以後に人臣の摂政・関白が任ぜられると、極官として認識されるようになる。平安時代後期以後、家職が形成されるようになると貴族・官人の極位極官は家ごとで概ね定まる様になり、それに基づいて摂家清華家大臣家羽林家名家半家と公家の家格が決定されるようになる。公家社会では自己の家格の極官を越えて任命されると非難の対象になり、また却って不幸な出来事があるとする「官打ち」の思想が形成され、極位極官制度によって身分秩序の統制が図られるようになり、それが幕末に至るまで続いた。もっとも、治天の君武家政権将軍)と個々の公家との関係によっては、この原則が無視される場合もあった。

また、武家は羽林家に準じた家格が定められた。

極位極官一覧

公家

家格 家名 極官
摂家 近衛家 摂政関白
九条家
鷹司家
二条家
一条家
清華家  久我家 近衛大将太政大臣
江戸時代左大臣
三条家
西園寺家
徳大寺家
花山院家
大炊御門家
今出川家
醍醐家
広幡家
大臣家 中院家 内大臣
正親町三条家
三条西家
羽林家
参照: 羽林家
近衛中将大納言
名家
参照: 名家 (公家)
大納言
半家 高倉家 大納言
高辻家
五条家
東坊城家
唐橋家
石井家 中納言
桑原家
西洞院家 参議
清岡家
     上記以外の半家      非参議

武家

大名家
分類 家名等 領国 極位極官
将軍家  徳川宗家 従一位太政大臣
将軍家世嗣 従二位権大納言、右近衛大将
御三家   尾張徳川家   尾張 従二位、大納言右近衛中将
紀州徳川家 紀州 従二位、大納言、右近衛中将
水戸徳川家 水戸 正三位権中納言、右近衛中将
大名家 松平家(前田氏) 加賀 従三位参議
越前松平家 福井 正四位下、参議
会津松平家 会津 正四位上左近衛中将
高松松平家 高松 従四位上、左近衛中将
高須松平家 高須 従四位上、左近衛少将
西条松平家 西条 従四位上、左近衛少将
松平家(久松氏) 松山 従四位下左近衛権少将
松平家(越前松平家) 出雲 従四位下、左近衛権少将
松平家(越前松平家) 津山 従四位下、左近衛権中将[1]
松平家(久松氏) 桑名 従四位下、左近衛権少将
井伊家 彦根 正四位上、掃部頭、左近衛中将
松平家(島津氏) 薩摩 従四位上、左近衛中将
松平家(伊達氏) 仙台 従四位上、陸奥守、左近衛中将
松平家(池田氏) 因幡 従四位下、左近衛権少将
松平家(池田氏) 備前 従四位下、左近衛権少将
松平家(黒田氏) 筑前 従四位下、左近衛権少将
松平家(浅野氏) 安芸 従四位下、左近衛権少将
松平家(鍋島氏) 佐賀 従四位下、左近衛権少将
松平家(毛利氏) 長州 従四位下、大膳大夫、左近衛権少将、侍従
佐竹家 秋田 従四位下、右京大夫、左近衛権少将、侍従
上杉家 米沢 従四位下、弾正大弼、左近衛権少将、侍従
有馬家(摂津有馬氏) 久留米 従四位下、左近衛権少将、侍従
藤堂家 安濃津 従四位下、左近衛権少将、侍従
松平家(土佐山内氏) 土佐 従四位下、土佐守、侍従
松平家(蜂須賀氏) 阿波 従四位下、阿波守、侍従
宗家 対馬 従四位下、対馬守、侍従
細川家 肥後 従四位下、越中守、左近衛権少将、侍従
酒井家 姫路 従四位下、雅楽頭、侍従
酒井家 庄内 従四位下、左衛門尉、侍従
伊達家 宇和島 従四位下、左近衛権少将
松平家(柳沢氏) 大和郡山 従四位下、侍従
小笠原家 小倉 従四位下、侍従
榊原家 高田 従四位下、侍従
丹羽家 二本松 従四位下、侍従
立花家 柳川 従四位下、左近将監、侍従
松平家(奥平氏) 従四位下、侍従
松平家(前田氏) 富山 従四位下
松平家(前田氏) 大聖寺 従四位下
真田家 松代 従四位下
南部家 盛岡 従四位下
戸田家 大垣 従四位下
津軽家 弘前 従四位下
大久保家 小田原 従四位下
酒井家 小浜 従四位下
京極家 丸亀 従五位下国司
上記以外の大名 従五位下
幕府の役職
役職 極位極官
老中 従四位下侍従
 京都所司代  従四位下、侍従
大坂城代 従四位下
側用人 従四位下
高家 正四位下左近衛権中将

脚注

  1. 将軍家からの養子縁組以降。

参考文献

  • 槇道雄「極位」(『日本歴史大事典 2』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523002-3)

関連項目