操作

根城

根城
青森県
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 なし
築城主 南部師行
築城年 建武元年(1334年
主な城主 南部氏
廃城年 寛永4年(1627年
遺構 土塁、堀、井戸
指定文化財 国の史跡
再建造物 主殿・中馬屋・工房
鍛冶工房・板倉・納屋・東門
位置 東経141度27分34.6秒北緯40.5063417度 東経141.459611度40.5063417; 141.459611
地図

根城(ねじょう)は、日本の城。所在地は青森県八戸市根城。国の史跡に指定。日本100名城の一つ。

概要

根城は八戸市街地の西端にあり馬淵川南岸の河岸段丘上にある[1]。 本丸・中館・東善寺・岡前舘・沢里館の5つの館(曲輪)が連なる連郭式の平山城である。

現在、館跡の礎石、曲輪、空堀、土塁が遺構として認められる。本丸には主殿・中馬屋・工房・鍛冶工房・板倉・納屋・東門が復元されている。

歴史・沿革

南北朝時代

師行の死後、弟の政長が跡を継いだ。政長は室町幕府から再三の降伏勧告を受けたが従わず南朝への忠誠を守り続けた。しかし、南朝方が次第に劣勢となると、から遠く離れた奥州北部の南部氏の勢力も次第に弱体化していった。

  • 1393年(明徳4年) 南部氏8代の八戸政光は本領の甲斐よから根城に移って南部氏の再興を図った。この系統は八戸氏とも呼ばれている。その後も周囲での小競り合いが絶えず不安定な時代が続いた。そして、同族である三戸南部氏が次第に有力になる。

安土桃山時代

  • 1590年(天正18年) 小田原征伐の際に宗家の三戸城南部信直豊臣秀吉の元に帰参して所領の南部7郡を安堵された。この際に、根城八戸氏も宗家の支配下に組み込まれた。
  • 1592年(天正20年)、秀吉の命令により城そのものは破壊されたが館自体は残され、これ以降も八戸氏の本拠であり続けた。

江戸時代

近現代

  • 1941年(昭和16年)12月13日 - 国の史跡に指定された。
  • 1983年(昭和58年)から11年間 - 発掘調査及び整備事業が進められた。
  • 1994年(平成6年) - 本丸主殿などが復元され、周囲は「史跡根城の広場」として整備されている。
  • 2006年(平成18年)4月6日 - 日本100名城(5番)に選定された。

現地情報

所在地

  • 青森県八戸市根城字根城47

交通アクセス

  • JR東北本線・東北新幹線「八戸」駅から南部バス「司法センター経由」で約15分「博物館前」下車、徒歩約5分で本丸跡

参考画像

脚注

  1. (地図閲覧サービス) 国土地理院
  2. 後年の文献である『八戸家伝記』、『南部五世伝』のいずれもが顕家が命名したとされている。(日本城郭大系 第2巻 p.71)

参考文献

  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980-7-15。

関連項目

外部リンク