actions

松野幸泰


松野 幸泰(まつの ゆきやす、1908年(明治41年)10月13日 - 2006年(平成18年)5月22日[1])は、日本政治家岐阜県知事自由民主党衆議院議員。孫は自民党衆議院議員の棚橋泰文。妻は43年間穂積村・町長(現:瑞穂市)を務めた松野友。子に元岐阜県議会議員松野幸昭と前瑞穂市長の松野幸信がいる。

来歴・人物

岐阜県本巣郡穂積村(現:瑞穂市)出身。

名古屋育英商業学校(現:東邦高校)卒業、岐阜県農業講習所(現:岐阜農林大学校)入所。

その後、兵役を経て、家業の農業に従事した後、1933年9月「松野メリヤス」を創業。

穂積村議会議員、岐阜県議会議員、岐阜県議会議長を経て、1958年10月、岐阜県知事選に出馬し初当選。1966年まで2期8年務め、伊勢湾台風を教訓とした治山・治水等の安全な県土づくりのほか、“道路知事”とも呼ばれるほど[2]道路整備等の産業・生活基盤の整備に重点を置いた県政発展の基盤づくりを進めて「町も村も豊かな岐阜県」を目指した長期ビジョンを策定したほか、岐阜県庁舎の移転等を実現した[2]

後に国政へ転じ、1967年1月、衆議院議員選挙に旧岐阜1区から出馬し初当選(当選同期に山下元利増岡博之加藤六月塩川正十郎河野洋平中尾栄一藤波孝生武藤嘉文坂本三十次塩谷一夫山口敏夫水野清など)。連続当選8回。1981年11月から翌年の11月まで鈴木善幸内閣国土庁長官北海道開発庁長官を務め、中部国際空港の整備推進に尽力した[2]1989年勲一等旭日大綬章受章。1990年に政界引退。

1996年、岐阜県名誉県民の称号を授与される。

晩年は入院治療を受けていたが、2006年5月22日午後10時49分、岐阜市内の病院で死去[1] 。97歳没。死後、従三位に叙された。

略歴

  • 1908年10月 岐阜県本巣郡穂積村下穂積(現:瑞穂市) 松野達の長男として誕生
  • 1926年3月 名古屋育英商業学校(現:東邦高校)卒業
  • 1926年4月 岐阜県農業講習所(現:岐阜農林大学校)入所
  • 1933年9月 「松野メリヤス」を創業
  • 1936年7月 穂積村会議員に初当選(以降3期10年)
  • 1951年4月 岐阜県会議員に初当選(以降2期7年4ヶ月)
  • 1952年5月 副議長に就任
  • 1953年3月 議長に就任(以降6期5年5ヶ月)
  • 1958年10月 岐阜県知事選に出馬し初当選(以降2期8年)
  • 1967年1月 衆議院議員選挙に初当選(以降8期23年)
  • 1981年11月 鈴木善幸内閣国土庁長官北海道開発庁長官(~1982年11月)
  • 1989年 勲一等旭日大綬章受章
  • 1996年 岐阜県名誉県民受賞
  • 2006年5月 死去(97歳没)[1]

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 訃報・2006年5月”. 岐阜新聞web. . 2013閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 “松野幸泰氏が死去 元国土庁長官で知事2期”. 共同通信 (共同通信社). (2006年5月23日) 


議会
先代:
木村武千代
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1978年 - 1979年
次代:
塩谷一夫
公職
先代:
原健三郎
日本の旗 国土庁長官
1981年 - 1982年
次代:
加藤六月
先代:
原健三郎
日本の旗 北海道開発庁長官
1981年 - 1982年
次代:
加藤六月

テンプレート:衆議院地方行政委員長 テンプレート:衆議院懲罰委員長

テンプレート:岐阜県知事