操作

東北大学大学院法学研究科・法学部

テンプレート:子記事 東北大学大学院法学研究科(とうほくだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Law)は、東北大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東北大学法学部(とうほくだいがくほうがくぶ、英称:School of Law)は、東北大学に設置される学部の一つである。

概要

1922年に設立された東北帝国大学法文学部を前身とし、1947年に新制東北大学法文学部となった。1949年法文学部が法学部、経済学部、文学部に分かれ、東北大学法学部が成立した[1][2]

法学部には法学科1学科のみが置かれている。大学院法学研究科には法科大学院である総合法制専攻、公共政策大学院である公共法政策専攻、研究大学院である法政理論研究専攻の3専攻が置かれている[3]

沿革

  • 1922年 - 東北帝国大学法文学部設置[1][2]
  • 1934年 - 法文学部に法科を設置[2]
  • 1947年 - 新制東北大学法文学部となる[1][2]
  • 1949年 - 法文学部が、法学部、経済学部、文学部に分かれ、法学部法律学科が成立する[1][2]
  • 1950年 - 法学部法律学科を法学部法学科に改称する[2]
  • 1953年 - 大学院法学研究科を設置し、私法学専攻・公法学専攻・基礎法学専攻の3専攻が置かれた[2]
  • 1972年 - 大学院法学研究科に政治学専攻を設置する[2]
  • 2000年 - 大学院法学研究科を大学院重点化し、総合法制専攻・公共法政策専攻・トランスナショナル法政策専攻の3専攻に改組する[2]
  • 2004年 - 大学院法学研究科を総合法制専攻・公共法政策専攻・トランスナショナル法政策専攻の3専攻に改組する[2]
  • 2006年 - トランスナショナル法政策専攻を法政理論研究専攻に改称する[2]

著名な出身者

政治

行政

法曹

経済

研究

文学

その他

博士号取得者

関連項目

脚注

出典
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 研究科長・学部長あいさつ東北大学大学院法学研究科・法学部
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 「特色と沿革」東北大学大学院法学研究科・法学部
  3. 「学部・大学院・附置研究所等」東北大学

外部リンク

テンプレート:東北大学