actions

有栖川宮幸仁親王

有栖川宮幸仁親王(ありすがわのみやゆきひとしんのう 明暦2年3月15日1656年4月9日) - 元禄12年7月25日1699年8月20日))は、江戸時代皇族後西天皇の第二皇子、母は清閑寺共綱の娘共子。子に正仁親王幸子女王東山天皇中宮、承秋門院)、尊統法親王有栖川宮家第三代当主。

寛文7年(1667年)に高松宮を継承、寛文12年(1672年)に有栖川宮と宮号を変更した。延宝8年(1680年)に将軍徳川家綱が継嗣のないまま死去した際に、大老酒井忠清徳川将軍に擁立されたとする宮将軍擁立説がある(→江戸時代の宮将軍擁立説を参照)。

経歴

※月日は旧暦。

  • 1667年寛文7年)4月18日、高松宮家相続
  • 1669年(寛文9年)8月29日、親王宣下
  • 1670年(寛文10年)11月21日、元服、兵部卿に任官。
  • 1672年(寛文12年)6月8日、高松宮を有栖川宮に改称する。
  • 1678年延宝6年)4月11日、二品に叙品。兵部卿留任。
  • 1697年元禄10年)5月14日、式部卿に遷任。
  • 1699年(元禄12年)7月13日、一品に昇叙。式部卿留任。 7月16日、牛車宣下。

参考


テンプレート:Imperial-stub