操作

旭硝子

AGC株式会社
AGC Inc.
種類 株式会社
市場情報
略称 AGC
本社所在地 日本の旗 日本
100-8405
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
新丸の内ビルディング
設立 1950年6月1日
(創業は1907年9月8日
業種 ガラス・土石製品
事業内容 ガラスディスプレイ化学エレクトロニクスエネルギー
外部リンク AGC
テンプレートを表示

旭硝子(あさひがらす、AGC)は、世界最大手のガラスメーカーである。1907年創立。三菱グループの一員であり、三菱金曜会[1]及び三菱広報委員会[2]の会員企業である[3][4]2016年現在の主力製品は、建築用ガラス、フッ素化学製品。2018年7月に社名をAGCに変更した。

概要

日本板硝子とならぶ世界最大のガラスメーカーである。建築材料自動車向けなどのガラスを中心に、電子部材やその他の化学関連素材を製造・販売している。

特に、ガラスについては、世界における最大手である。建築用ガラス、フッ素化学製品などを主に取り扱う。

2007年9月8日に創立100周年を迎えた。これを機に、単体の略称であった「AGC」を全世界的な統一ブランドとして定着させる旨を発表、世界的な広告展開を実施中である。社名ロゴは年初に発表した新しいものへと正式に変更され、大多数の連結子会社・系列会社がこの新ロゴを用いるようになった。

2016年8月にはドイツのバイオ医薬品会社バイオミーバを買収した、2017年にデンマークのバイオ医薬品会社CMCバイオロジックスを買収 [5]

なお、商号の似た旭化成および旭化成グループとはまったくの別会社組織であり、資本関係等はない(旭硝子が三菱グループであるのに対し、旭化成は第一勧銀グループ)。

沿革

関連会社

日本

主な取引先

宣伝活動

提供スポンサーだった番組

メディア放送・掲載

諸問題

  • 公害の発生
    • 尼崎市グラウンド跡地から、土壌環境基準値の200倍のヒ素が検出され土壌汚染が発生していることが発覚。2005年12月2日、旭硝子はグラウンド跡地周辺の公園やマンションの地下水からも最高で基準の69倍のヒ素を検出し、敷地外の周辺へも地下水汚染を拡散させていることを発表した。
    • 2004年3月末に閉鎖された船橋工場では、自主調査によって、フッ素、六価クロム、、ヒ素等が検出された。中でも宙水中のヒ素は環境基準値の7300倍、鉛は環境基準値の630倍という高濃度であった。2005年より土壌汚染除去工事が開始されたが、除去工事の途中に過去に埋めた廃棄物からアスベストも発見された。除去工事は2007年9月に完了した。

脚注・出典

関連項目

外部リンク


  • テンプレート:三菱グループ